トップ | 派遣の働き方ガイド | スキルアップ講座 | オフィスカジュアルとは?身だしなみの基本からコーディネート例まで解説

オフィスカジュアルとは?
身だしなみの基本からコーディネート例まで解説

オフィスカジュアル身だしなみ

オフィスカジュアルでの出社が可能な職場では、服装の自由度を嬉しく思う一方で、どこまでがOKなのか、自分なりの判断だけでは不安になる方もいるかもしれません。

ビジネスでの身だしなみは印象を左右する重要な要素です。この記事ではオフィスカジュアルの基本とNG例を押さえつつ、季節ごとのコーディネート例をご紹介します。オフィスカジュアルへの対応にお悩みの方はぜひ役立ててみてください。


オフィスカジュアルとはどういう服装なのか。ある程度の自由というのがどこまでの自由を指すのか、ビジネスカジュアルとはどう違うのか。社会人としてわきまえておきたい感覚ですが、はっきりとした定義がなく、なかなかピンとこないかもしれません。会社によってはガイドラインをもうけているところもありますが、それも企業ごとに様々です。

オフィスカジュアルとは、社内で仕事をするために適した服装であり、来客を迎えても失礼にあたらないくらいの、適度にカジュアルでありながらきちんとした身だしなみができているというレベルを指します。一方でビジネスカジュアルとは、カジュアルでありながら、他社を訪問できるくらいの服装をいいます。


オフィスカジュアルの要点は、

・フォーマルすぎない
・カジュアルすぎない

という2点です。社内でお客様をお迎えしても失礼にあたらない程度に清潔感のあるきちんとした身だしなみでありながら、ガチガチに固すぎない適度にカジュアルな要素をとりいれた服装をイメージするとよいでしょう。

オフィスカジュアルとしてはどこからが許容されないのかという一般的なラインと、どのような服装が望ましいと思われるかの例をご紹介します。

こんなオフィスカジュアルはNG

・露出が多すぎる
カジュアルが推奨されているとはいえ、ビジネスの場では過度な露出やボディラインが強調される服は好ましくありません。キャミソールやタンクトップなど肌の露出が大きすぎるもの、下着のラインが出るほどの短すぎるパンツやスカート、襟ぐりや背中が大きく開いている服装などは避けるべきです。
 
ノースリーブを着用する場合でも、ジャケットを羽織るなどしてなるべく肌の露出をおさえる気遣いが必要です。また、夏場などは上着を脱ぐ可能性もありますので、キャミソールなどを着用して下着が透けないようにする対策も必要です。
 
・過度にカジュアルすぎる
だらしない印象をあたえてしまう服装も避けるべきです。シワが多かったりヨレヨレだったり、あるいはダメージ加工がされているものは避けるべきですし、デニム生地のパンツやスニーカーも必要以上にカジュアルな印象を与えてしまう恐れがあります。
 
また、職場はあくまで仕事をするための場所ですので、歩きまわるのに支障があるほどのハイヒールやピンヒールではなく、適度なヒールの高さのパンプスが望ましいでしょう。
 
・奇抜すぎる
迷彩柄やアニマル柄は、強い印象を与えるため好ましくありません。また、原色などの派手な色合いが全体の半分以上を占めてしまうようなコーディネートも避けたほうが無難でしょう。
 
ベーシックカラーでまとめた上で、ベルトなどの小物に原色を用いる程度であれば、固い印象を和らげるのに効果的な場合もあります。
 
・派手すぎるメイクやヘアスタイル、小物など
あまり華美なメイクやネイル、デザインや配色が派手で目立ちすぎるアクセサリーなども清潔感を損ねてしまうため、職場での身だしなみとしてふさわしいものではありません。また、帽子はビジネスの場ではNGですし、大げさなヘアアクセサリーなども避けたほうが無難です。
 
 

おすすめのオフィスカジュアルコーディネート

それぞれの季節ごとの気をつけるべきポイントとコーディネートの一例をご紹介します。

やわらかい印象のシンプルなワンピースやスカート、ブラウスなどがよいでしょう。花柄なども適度に取り入れると上品で春を感じさせることもできます。色はきれいな色やホワイト、またネイビーなどでさわやかな印象にまとめましょう。
 
また、寒暖の差が激しい初春であればトレンチコートやジャケットを上手に取り入れるといいでしょう。

オフィスカジュアル身だしなみ女性春

 
※出典
20代にオススメ レディースのオフィスカジュアルコーデ  make a cute
 

薄手のシャツやブラウス、パンツなどでまとめがちですが、どうしても肌の露出が多くなりがちですので、腕時計などのアクセサリーできちんとした雰囲気を作りましょう。襟のあるシャツなどもおすすめです。
 
冷房の効いた室内で身体を冷やしすぎないためにカーディガンなどを用意しておくといいでしょう。ジャケットは麻素材のものなどが見た目にも涼しげな印象を与えます。
 
オフィスカジュアル身だしなみ女性夏

 
※出典
リボンのフェミニンブラウススタイル スタッフスタイリング  ユナイテッドアローズ公式通販 -UNITED ARROWS LTD.-
 

残暑が厳しいころから過ごしやすい時期へ。秋を感じさせる深みのあるこっくりカラーはオフィスカジュアルのコーディネートにも適したカラーです。朝晩が冷えこむようになってきたら厚手のジャケットや、薄手のトレンチコートなどを着用するようにするとよいでしょう。
 
オフィスカジュアル身だしなみ女性秋

 
※出典
秋の通勤スタイル スタッフスタイリング  ユナイテッドアローズ公式通販 -UNITED ARROWS LTD.-
 

冬はアウターの選択が重要になります。コートもビジネスの場にふさわしい、シンプルで派手すぎないものを選びましょう。ニットはあまり厚すぎないものがカジュアルすぎずよいでしょう。ウールのジャケットなどで寒さ対策もしっかりと。
 
オフィスカジュアル身だしなみ冬

 
※出典
サンエービーディーオンラインストア - SANEI bd ONLINE STORE
 

男性のオフィスカジュアルも、基本的な考え方は女性のオフィスカジュアルと同様です。
社外のお客様を迎えたときにも会社の顔としてふさわしいように、清潔感や信頼感が演出できる必要があります。ビジネスシーンに求められるマナーや気配りができていて、それでいてかっちりと固すぎないというバランス感覚が重要です。

具体的にオフィスカジュアルとしてのNG例とコーディネート例をご紹介します。

こんなオフィスカジュアルはNG

オフィスカジュアルといってもビジネスの場にそぐわない服装は控えなければいけません。会社によって異なりますが、次のようなものはNGとされる可能性があります。
 
・カジュアルすぎる
ジーンズはカジュアルな印象が強く、オフィスカジュアルには適さない場合が多いです。ただし、会社・職場によってはダメージジーンズでなければOKとするところもあります。
 
・清潔感がない
服装自体がオフィスカジュアルに適したものであっても、シワだらけであったりヨレていたり、または過度に着崩していたりすると、だらしなく、清潔感がないという印象をもたれてしまう可能性があります。
 
・露出度が高い
男性も女性同様に、過度に肌を露出していると、相手に不快な感じにしてしまう恐れがあります。
 
・派手すぎる
度を超したオシャレやアクセサリーなどは、ビジネスの場に求められる信頼感を損なう恐れがあります。
 
 

おすすめのオフィスカジュアルコーディネート

それぞれの季節ごとの気をつけるべきポイントとコーディネートの一例をご紹介します。

ノーネクタイでも映える深めの襟のホワイトシャツなどで、春を感じさせる明るい色合いをコーディネートに取り入れましょう。

オフィスカジュアル身だしなみ男性春

 
※出典
デニムテーラードジャケット×ピンクシャツ×グレースリムパンツ biz18-19aw_2684 【ビジネスカジュアル・オフィスカジュアルコーディネート-メンズビジネスカジュアル(ビジカジ)通販
 

見るからに暑苦しく見えるようでは相手に不快感を与えてしまう可能性があります。夏のオフィスカジュアルで重要なポイントは、見た目にも涼しげな印象である点です。
 
もちろん、ビジネスの場にふさわしい適度なきちんと感も両立させなくてはいけません。最低でもポロシャツなど襟のあるものがおすすめです。
 
オフィスカジュアル身だしなみ男性夏

 
※出典
【男女別】おすすめのビジネスカジュアルのコーデ 靴/シャツ
 

春夏のコーディネートと比べて、ダークブラウンやバーガンディなどの落ち着いた色味を取り入れつつ、ベストやカーディガンなどを用いると季節感も演出できます。
 
オフィスカジュアル身だしなみ男性秋

 
※出典
オフィスカジュアル・ビジネスカジュアル(ビジカジ)のメンズファッションのコーデ・着こなしQ&A
 

定番のパターンはテーラードジャケットとセーター、あるいはジャケットとカーディガンなどの組み合わせ。冬は重ね着をオフィスカジュアルの基本に取り入れていきます。また、冬の通勤に欠かせないのがコート。シックな色合いの定番デザインのものを選ぶとよいでしょう。
 
オフィスカジュアル身だしなみ男性冬

 
※出典
オフィスカジュアル・ビジネスカジュアル(ビジカジ)のメンズファッションのコーデ・着こなしQ&A
 

コーディネート以外にもオフィスカジュアルで気をつけたいポイントがあります。服装以外の部分で清潔感がなかったりだらしなさがあったりすると、オフィスカジュアルとして問題のないコーディネートでも不快感をもたれてしまう恐れがあります。

・口臭
匂いの強いものは食べないようにしたほうが無難です。食事後は歯磨きをするか、外回りなどで歯磨きが難しい場合は口臭予防のタブレットなどを使うといいかもしれません。また、歯に食べかすなどがついていないかどうかも確認してください。

・体臭
汗が気になる季節などは制汗スプレーを使用するとよいでしょう。また、きちんとシャワーを浴びる、こまめに汗を拭くなどの配慮も必要です。

・鼻毛
男性は女性に比べて鏡を見る機会が少なくなりがちですので朝のヒゲ剃りのときに確認する癖をつけるとよいでしょう。

・唇のかさつき
男性でも身だしなみに気配りができていない印象をあたえてしまいます。リップクリームを使用するなど対策してください。

・顔のてかり
特に夏などは、男性であってもあぶらとり紙を使用するなど気を付けるとよいでしょう。

・パーマ
男性のパーマは信頼感を損なってしまう恐れがあります。女性であってもあまり強いパーマは避け、自然な感じにした方が無難です。

・ピアス
男性のピアスはビジネスの場にはふさわしいものではありません。女性もあまり目立ちすぎるものは避けてシンプルなものを選びましょう。

・香水
匂いが強すぎるものは、本人がよい香りと感じていても他人からは不快と思われる場合があります。またつける量にも気を付けましょう。

・髪型
男性の場合は顔がはっきりと見える短めの髪型が無難です。女性も顔が明るく見えるように長い髪は後ろで束ねるなどしてすっきり見えるようにしましょう。

・ヒゲ
ヒゲはビジネスの場では歓迎されない可能性が高いです。毎朝きちんとそりましょう。

・ツメ
長い爪は不快感を与えます。男性は短く切り、女性もネイルはナチュラルさを意識しましょう。


オフィスカジュアルは明確な基準がなく、どこまではOKなのかの判断は難しいものです。ここではNG例とコーディネート例をあげてひとつの基準をお示ししました。会社によってもオフィスカジュアルの基準は違ってきますが、相手に不快感を与えてはいけないという点は一致しています。
 
オフィスカジュアルは注意するポイントに気を付ければ、スーツよりも動きやすく、温度調整も楽で、自分を表現する手段のひとつにもなります。
マンパワーグループではインスタグラムで好印象なオフィスカジュアルを紹介しているので、是非そちらも参考にしてみてください。
マンパワーグループ(公式) ◆好印象オフィスカジュアル◆

マンパワーグループにはオフィスカジュアルを良しとしている派遣先もたくさんあります。まずは登録をしてご自身に合った仕事を探してみてはいかがでしょうか。
 
マンパワーグループの【JOBNET】


関連記事