トップ | 派遣の働き方ガイド | 丸わかり職種一覧 | 窓口・ショールーム・カウンター受付の仕事 必要スキル・向いている人は?

窓口・ショールーム・カウンター受付の仕事 必要スキル・向いている人は?

窓口・ショールームカウンター受付

窓口・ショールーム・カウンター受付は、多くのお客様と接する仕事です。お客様ひとりひとりに合わせた柔軟な対応が求められるため大変ではありますが、その分やりがいも感じられます。また、毎日違ったお客様との出会いは、人と接することが好きな人には魅力的に感じるでしょう。

本記事では、そんな窓口・ショールーム・カウンター受付の仕事について、仕事内容ややりがい、向いている人、仕事を通じて身につくスキルまで幅広く解説していきます。仕事に就くうえで役立つ資格やスキルについても紹介していますので、ぜひ役立ててください。

目次


窓口・ショールーム・カウンター受付の仕事はさまざまな業界で募集されており、下記のような職場があります。

・企業の受付
・百貨店やショッピングモールのインフォメーション
・フィットネスクラブやトレーニングジムの受付
・新築物件のショールーム
・美容院のレセプション

多種多様な業種で募集されているため、具体的な仕事内容は職場によって異なりますが、企業や施設の顔として、お客様対応・施設や商品のご案内・電話対応を行うことなどは共通しています。そのほか、入会手続き・館内放送・各種事務作業といった業務を担当する場合もあり、窓口・ショールーム・カウンター受付の仕事の範囲は多岐にわたります。


窓口・ショールーム・カウンター受付の仕事には、やりがいを感じられる場面が多くあります。どういった場面でやりがいを感じられるのか、以下で解説します。

感謝の言葉を言ってもらえる

日々異なるさまざまなお客様が来店・来館します。それぞれのお客様が求めていることに対して適切に対応できた際には「ありがとう」と声をかけてもらえます。臨機応変な対応をするのは簡単なことではありませんが、感謝の言葉を伝えられたときには、何ものにも代えがたいやりがいを感じられるでしょう。
 
 

商品・サービスなどの知識が増える

お客様に適切な案内・説明が行えるように、自分が勤めている企業・施設で提供している商品やサービスについて、常に勉強していかなければなりません。着実に商品・サービスの知識が身についていくので、自分自身でも成長を実感しやすく「努力してよかった」とやりがいを感じられます。


どんな仕事にも向き・不向きがあるように、窓口・ショールーム・カウンター受付の仕事にも適性が問われます。どのような人がこの業務に向いているのかを、以下で解説します。

人と接することが好きな人

日々初対面の人と接することになるので、人と接することが好きな人にとってはまさに天職だといえます。職場にもよりますが、年齢性別問わずさまざまなお客様に対応する必要がありますので、お客様ひとりひとりに合わせた接し方ができる人には向いている仕事です。
 
 

こまやかな気配りができる人

企業や施設の顔として、訪れたお客様が「心地よい」と感じる対応が求められます。そのため、お客様が求めていることにすぐに気がつく、急な要望にも臨機応変に対応できるなど、こまやかな気配りができる人であれば適性があるといえるでしょう。
 
 

忍耐力・体力がある人

ときにはクレーム対応をすることもあるほか、職場によっては一日に何十人ものお客様と接していかなければなりません。そんな場合でも常に笑顔でお客様に対応していかなければならないため、精神的な忍耐力や体力が求められます。心身ともにタフな人がこの仕事に向いています。
 
マンパワーグループのJOBNETでは窓口・ショールーム・カウンター受付の求人を多数掲載しています。
窓口・ショールーム・カウンター受付のお仕事・求人一覧はこちら


窓口・ショールーム・カウンター受付の仕事を通じて身につけられるスキルについて、以下4項目に分けて解説します。

接客マナー・言葉遣い

この仕事は、さまざまなお客様の対応を行う、企業や施設の顔ともいえる重要なポジションなので、「どう振る舞えば相手に好印象を与えられるか」ということを自発的に考えられるようになります。その結果、美しい言葉づかいや姿勢が保てるようになり、高いレベルの接客スキル・接客マナーも身についていくでしょう。
 
 

コミュニケーションスキル

毎日多くのお客様対応をはじめ、スタッフ同士の連携も必要になる仕事です。さまざまな人と多くのやり取りをする必要があり、最初は苦労する場面も多いですが、続けていくうちに自然とコミュニケーションスキルが身についていきます。
 
 

相手の求めていることを察知する力

この仕事では、施設の案内・商品やサービスの説明など、お客様が求めていることに応じて適切な対応を行います。そのため、仕事をしていく中で「お客様が必要としている答えは何か」ということが次第に読みとれるようになっていきます。経験を積むごとにお客様の要望に対して先回りして動けるようになり、相手のニーズを読みとる力が身につくでしょう。
 
 

イレギュラー時の対応力

日々さまざまなお客様と接するため、イレギュラーな場面にも多く遭遇します。緊急の対応やクレーム対応が必要になることもあり、その場その場の判断が必要になる場面も多く訪れます。最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、経験を重ねることで慣れていき、次第に状況を冷静に判断して、臨機応変にすばやく判断、行動できる対応力が身につきます。


窓口・ショールーム・カウンター受付の仕事に就くにあたって、必要なスキルやもっておくと役立つ資格について解説します。

未経験でもできる?

基本的には未経験の方でも窓口・ショールーム・カウンター受付の仕事は可能です。入社前後に業務研修やビジネスマナー研修を実施しているところも多いので、安心して仕事をはじめられるしょう。しかし、職場によっては他業種での接客経験や語学力が求められる場合もありますので、応募要件を満たしているかどうかはしっかりと確認しておきましょう。
 
 

語学力は必要?

「日常会話レベルの英語は必須」「正しい日本語がつかえること」など、語学力を必要とするかどうかは、勤める場所によって異なります。
 
しかし、百貨店やショッピングモールといった、海外からの観光客が多く訪れる施設や店舗などの場合は、ある一定以上の語学力を求められることもあります。そのため、TOEICや中国語検定などの資格をもっている場合は、積極的にアピールしたほうがよいでしょう。
 
 

役立つスキル・経験

接客が主な業務のため、なんらかの接客経験があれば優遇してもらえるでしょう。そのほか、ビジネスマナーの資格や電話対応の経験といった、仕事に活かせそうなスキルを持っている場合は、一緒にアピールしておくと比較的優位にはたらくでしょう。
 
また、職場によっては接客経験だけでなく、WordやExcelなどのパソコンスキルが必要とされる場合もあります。必須ではありませんが、接客に関する研修の受講や事務系の資格を取得しておくと、アピールにつながるほか、実務にも役立ちます。


窓口・ショールーム・カウンター受付は、仕事内容も多岐にわたり大変な仕事ではありますが、その分やりがいを感じられ、仕事をとおして身につくスキルも多くあります。未経験からでも十分チャレンジできる職種ですので、興味がある人は挑戦してみることをおすすめします。

マンパワーグループのJOBNETでは、さまざまな業界・職種の求人情報を掲載しており、窓口・ショールーム・カウンター受付の仕事も多数ご紹介しています。一度どのような仕事があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

JOBNETへの無料登録はこちら


関連記事