トップ | 派遣の働き方ガイド | 丸わかり職種一覧 | Webマーケティングの仕事内容とは?求められるスキル・なり方まで解説

Webマーケティングの仕事内容とは?求められるスキル・なり方まで解説

Webマーケティング
 

 
 
最近では、IT化が進み、インターネット利用者が急激に増えています。
 
総務省の調査によると、2016年のインターネット利用者数は、2015年より38万人増加し、184万人になりました。人口普及率は83.5%です(※)
 
※参考
第2部 基本データと政策動向 第2節 ICTサービスの利用動向 総務省
 
多くの人が、日常的にインターネットを利用している今、Web上で企業がユーザーアピールするWebマーケティングの重要性が増しています。
 
情報過多の中、自社のサービスや商品をユーザーに見つけてもらい、購入や申込みまでつなげるのは、たやすくありません。
 
Webマーケティングとは、Web上で集客し、自社のサービスや商品への購入につなげるための様々な施策を行うことです。
本記事では、Webマーケティングの仕事内容と、どうすればWebマーケティングの業務に携われるのか具体的に説明します。Webマーケティングの仕事をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。
 
 

Webマーケティングの仕事内容には何があるのか

Webマーケティングの仕事内容には以下のようなものがあります。
 
・集客施策を推進する
アクセス解析を行う
・リピーター獲得施策を推進する
 
 

集客施策を推進する

Webマーケティングでは、多くのユーザーを集めること、つまり「集客」がとても重要です。
 
集客の代表的な施策として、SEOと広告の2つがあります。
 

SEOSearch Engine Optimization

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジンで検索を行った際に、自社サイトがより上位に表示されるようにWebサイトを作成・調整することです。
 
上位に表示されるためには、以下のポイントを重視する必要があります。
 

  • 自社サイトのテーマにあわせたコンテンツを掲載する。
  • 検索ワードをたくさん入れることだけを目的とせずに、ユーザーの生活に役立つ知識など、ユーザーの得になるような情報を提供する。
  • 見たいページをすぐ探せるなど使いやすいサイトにする。

 

広告

Webサイトのユーザー数を増やすもう一つの方法は、Web広告があげられます。Web広告にはリスティング広告などがあります。
 
リスティング広告とは、Googleなどでキーワード検索したときに、その検索結果ページに表示されている関連広告のことです。
これは、広告とユーザーが検索したキーワードが連動しており、ユーザーのニーズに合った商品やサービスを表示させることで効果を得るための広告です。
 
広告を出す場合、マーケティング担当者は、以下のような運用をします。
 
 

  • ゴールを設定する

CV数を現状の2倍にする売上を2倍にするなど、目標を設定します。
 

  • 運用方針を決める

設定したゴールに到達するために、ターゲットを設定したり、広告のアクセスページから購入までのルートを考えたり、効果を確認する指標(KPI)を設定します。
 

  • 運用方針に応じた施策を実行する

決定した運用方針に基づいた施策を実行します。その後施策の成果を確認します。
 
また、SEO対策にはあまりコストがかかりませんが、広告のコストは高額です。そこも踏まえて、マーケティング担当者は、費用対効果のよい広告の出しかたを考える必要もあります。
 
 

アクセス解析を行う

Webサイトのアクセス解析を行い、CVRConversion Rate)が向上するように、Webサイトを改善していくことも必要です。
 
CVRとは、Webサイトへのアクセス数のうち、商品購入、資料請求、会員登録などに至った割合のことです。
 
マーケティング担当者は、以下のように、ユーザーの行動分析を行います。
 

  • アクセス解析

入り口になりやすいページや離脱しやすいページを分析します。離脱しやすいページの状況を見ながら、デザイン・機能などの要因を考え、改善案の仮説を立てます。
 

  • 改善案の実施

TOPページの改善、サイト内機能のデザインの改善、カテゴリページの改善など、CVRが向上するための改善案を実施します。
 

  • 改善後の確認

改善後に、CVRが向上したかどうかを確認します。
 
Webサイトへアクセスしたユーザーの離脱を防ぐには、ユーザーが最初にアクセスしたページ(ランディングページ)を最適化することが効果的だといわれています。
ランディングページが魅力的なものになるように、ユーザー目線でデザインや機能も見直しましょう。
 
 

リピーター獲得施策を推進する

繰り返し商品やサービスを購入してくれるリピーターの確保は、企業の重要な課題です。
 
リピーター獲得には、「メールマガシンの配信」と「SNS」の2つの代表的な施策があります。
 

ールマガジンの配信

メールマガジン(メルマガ)は重要な販促ツールです。
メルマガの集客効果を発揮するには、多くの登録者と定期的な配信が必要です。
 
メルマガの配信部数や配信回数が少ないとあまり効果がありません。
そこで、マーケティング担当者は、メルマガ登録者確保のために、以下のようなことを行っています。
 

  • メルマガの登録者数を増やす

店舗がある場合は、店舗でお得なポイントをためられる会員登録を行うシステムを導入する。店舗であれば、信頼が高いため、メールアドレスも教えてもらいやすいでしょう。
 

  • メルマガの購読率をあげる

メルマガの購読率をあげるためには、配信のタイミングが重要です。
たとえば、主婦であれば忙しい午前中を避け、会社員であれば休日や祝日の前日に配信すると、読んでもらえる可能性は高くなります。
 

  • メルマガの信頼度をあげる

読者の生の声や実例を出すと、信頼してもらいやすいです。
 

  • メルマガ解除率を下げる

読者プレゼントや読者割引などでメルマガの解除率をさげることができます。
 
ユーザーとの関係づくりは大切です。読者の視点に立ったメルマガ作りを心がけましょう。
 

SNS

メルマガ以外にも活用できる媒体に、SNSがあります。SNSの活用もマーケティングにとって重要です。活用できるSNSには、LINEInstagramFacebookTwitterなどがあります。
 
SNSは、以下のような戦略で運用します。
 

  • 目的とコンセプトを決定する。

たとえばSNSから自社サイトへ流れるユーザーを増やすといった目的を決定します。その後、目的に沿ってコンセプトを決定します。
 

  • ベンチマークをみつける

同じ形態で先に運用している企業を見つけ、参考にします。フォロワーになるのも一つの方法です。
 

  • ターゲットを決定する。

年齢・性別、仕事、趣味などのユーザーの特徴で、ターゲット層を決定します。
 

  • コンテンツを決める。

役立つ情報を配信する、面白い情報を配信する、社員の日常生活を配信するなど、ターゲットに合わせてコンテンツを決めます。いくつかのコンテンツを組み合わせてもいいでしょう。
 

  • KPI(各プロセスの達成度を測る指標:過程)の設定

SNSの成果をみるためのKPIの設定をします。
 

  • 運用・分析・改善

実際に運用してみます。運用後は、KPIKGI(ゴールを定量的に示した指標:結果)分析を行い、改善していきます。
 
SNSをうまく活用できれば集客を増やすことにつながります。上手な運用はマーケティング担当者の腕のみせどころでしょう。
 
 

Webマーケティングに必要なスキルは

Webマーケティングの仕事に就くには、以下のようなスキルが必要です。
 
 

Webサイト構築スキル

WebサイトやWebサービスの解析や改善を行うためには、Webサイト構築に関する基礎知識が必要です。
 
Webサイト構築には、以下のような知識が必要です。
 

  • HTML、CSS、画像編集ソフト、JavaScriptPHPSQLなどのプログラミング言語に関する知識
  • Webの特性やセキュリティ対策に関する知識
  • WebライティングやWebデザインなど制作フォローや各工程に関する知識

 
可能であれば、実際にプログラム言語やWebデザインを学び、構築スキルも身につけておきましょう。
 
 

データの収集・分析スキル

Webマーケティングの仕事では、売上向上のために、Webサイトへのアクセス数、実際の購入数、顧客のニーズ、広告・メルマガ効果などさまざまなデータ分析が必要です。
 
・顧客のニーズを分析するために、SNSやアンケートから分析に必要な情報だけを抽出する。
Webマーケティングの目標達成度を分析するために、アクセス数・売上率を適切に分析する。
 
正しく情報を収集する能力を身に着け、正確な分析をすることが重要になります。
 
また、顧客のニーズやWeb市場の動向を知るためには、解析結果からニーズを読み取る力も必要です。
 
分析・解析ツールは企業によってさまざまですが、Googleアナリティクス、PageSpeed InsightsAdobe SiteCatalyst、AD EBiSなどがあります。Googleアナリティクスのようなメジャーなツールは使いこなせるようになりましょう。
 
 

コミュニケーション力・調整力

Webマーケティングの業務は、チームで仕事をすることが多く、Webデザイナー、Webライター、営業などの社内の各部門との連携やクライアントとのやり取りや調整が必要です。特に、クライアントとのコミュニケーションは重要で、相手の要望や意向を的確にくみ取り、意思疎通が十分にできないと、トラブルになってしまいます。
 
円滑にコミュニケーションができれば、社内調整やクライアント対応もスムーズになり、プロジェクトも進めやすくなるでしょう。
 
 

マーケティング全般の知識

 マーケティングには専門用語がたくさんあります。会議や指示を受けるときに、専門用語が分からないと会話についていけなくなってしまいます。
 
また、専門用語を含め、以下のような基礎知識も習得しておきましょう。
 

  • SEO・広告・メルマガのような施策についての知識

広告には、本記事で紹介したもののほかに、アフィリエイト広告・アドネットワーク広告・リターゲティング広告などがあります。
 

  • マーケティング業務を円滑に進めるためのツールに関する知識

たとえばGoogleアナリティクスのような解析ツールやWeb構築に使うツールやプログラム言語などの知識です。
 
 

必要なスキルを習得するには

必要なスキルを習得するには、「書籍・セミナーで学習する」「実際にWebマーケティングの業務にあたる」という方法があります。
 
それぞれについて詳しく説明します。
 
 

書籍・セミナーで学習する

マーケティングの知識や解析手法は、書籍やセミナーで学べます。
 
マーケティングの書籍には、基礎知識がなくても簡単に読めるものから、理解するために実際のビジネス経験が必要なものまで幅広くあります。
 
インターネットで検索すれば、おすすめの書籍を紹介しているサイトもありますので、それを参考にするのもいいでしょう。
 
また、解析ツールに関する知識や操作方法を知っておくことも重要です。解析知識がある人やPCが得意な人であれば、読んで独学することも可能でしょう。
 
セミナーであれば、ポイントだけをまとめてくれているので、説明が分かりやすく、理解しやすいでしょう。
 
セミナーより詳しくじっくり学びたければ、オンライン講座など自宅で気軽に参加できるものもあります。オンライン講座であれば、空いた時間に学ぶこともできるのでとても便利です。
 
自分の能力や生活スタイル、学びたいテーマに合わせて学習方法を選ぶといいでしょう。
 
 

実際にWebマーケティングの業務にあたる

 実際に自分でWebサイトを構築し、フリーランスでやってみるのもひとつの方法です。独学で勉強し、SEOコンサルティングやアフィリエイト広告で収入を得ている人もたくさんいます。
 
SEOコンサルティングでは、企業を対象に、検索されるためのキーワードの提案や、どのような施策が効果的かサポートする仕事です。SEOのノウハウや実績があれば、実際に企業を相手に仕事ができます。
 
また、アフィリエイト広告のように、自分でブログなどをつくって商品などの広告をのせて収入を得ることもできます。自分で作った広告をGoogleFacebookなどで配信することも可能です。
広告収入を得るには、アクセス数を増やすことが重要です。ターゲットにとって便利で役立つ情報を提供し、訪問してくれるユーザーを増やす必要があります。そのためにはユーザーを飽きさせない工夫と頻繁に更新することが大切です。
 
 

未経験でもWebマーケティングの仕事に携われる

未経験者でも、派遣であれば、Webマーケティングの仕事に携わることができます。Webマーケティングの仕事は実践しなければ分からないことも多く、実務で学ぶのが、スキルアップの早道です。
 
マンパワーグループのJOBNETでは、実際に未経験でも始められる仕事があります。
派遣会社のキャリアカウンセラーと相談しながら、挑戦してみるといいでしょう。
Webマーケティングのお仕事・求人一覧
 

関連記事