トップ | 派遣の働き方ガイド | 丸わかり職種一覧 | Webデザイナーとは?気になる年収・将来性・仕事内容を解説

Webデザイナーとは?気になる年収・将来性・仕事内容を解説

Webデザイナー

 
 
最近、インターネット利用者が増えているため、Web関連の仕事の需要が高まっています。
 
Web関連の仕事にはWebデザイナー、Webプログラマー、Webライターなど、さまざまな職種があります。中でも、Webデザイナーは、Webサイトのインパクトを決める重要なパートです。
 
ここでは、Webデザイナーの仕事内容やスキル、将来性について詳しく説明します。
Webデザイナーを目指している方は、ぜひ参考にしてください。
 
 

Webサイトのデザイン作成・編集

Webデザイナーは、クライアントや社内のディレクターなどと相談し、商品やサービスのイメージに合わせてデザインを作成します。
最初に、Webサイトの大まかなレイアウトや構成、ビジュアルを決定した後、さまざまなグラフィックスソフトを使用してデザインを作っていきます。
 
グラフィックスソフトは、主にIllustratorPhotoshopFireworksを使用します。
具体的には、以下のような作業を行います。
 

  • ロゴやアイコンの配置
  • イラストやアニメーションの作成
  • 写真画像の加工
  • 配色の決定
  • 動画の作成・加工

 
 

Webサイトのコーディング

コーディングとは、文字や画像データを実際にWebサイトで見られるように変換する作業のことをいいます。
コーディングでは、HTMLCSSJavaScriptなどのプログラミング言語を使用します。
それぞれの言語について以下で説明します。
 

HTML

HTMLはWebページを作るベースとなる専用の言語です。文章や画像の表示に使用します。
 

CSS

CSSはWebページのスタイルを指定するための言語です。デザインやレイアウトを細かく設定していくために使用します。具体的には配置、フォント、文字サイズ、色などを指定します。
 

JavaScript

JavaScriptはWebブラウザ上で動くプログラミング言語であり、Webページにさまざまな動きをつけられます。フォームに入力した内容をチェックする機能や、ボタンをクリックすると該当箇所へ移動するように設定することができる など、幅広い設定が可能です。
 
 

Webサイトの企画設計

Webデザイナーの仕事には、Webサイトの企画設計のスキルは必要ありませんが、将来的に、Webディレクターへのステップアップを考えている場合は、企画設計をしていく必要があります。
 
Webサイトの企画設計では、クライアントの要望を聞きながらWebサイトの目標やターゲットユーザーを設定し、目標を実現するための施策を立てます。
具体的には以下のようなことを行います。
 

  • 導線設計

ターゲットの行動を考えた導線設計をします。たとえば、どうすればWebサイトに入ったターゲットを購入画面に誘導できるかなどを考えます。
 

  • SEOを考えたサイトマップ設計

検索キーワードで上位になれるように、高く評価されるサイトマップをどのように作成すればよいのかを考えます。
 

  • ワイヤーフレーム作成

導線 設計やサイトマップをもとに具体的なレイアウトを考えます。
 
 

進行管理・調整

企画設計と同じく、Webディレクターへのステップアップを考えている場合は、プロジェクトの進行管理や調整を行う必要があります。
 
Webサイト制作は、デザイナー、ライター、プログラマー、イラスト・映像などを作成するクリエイター、フォトグラファーなど、さまざまな職種の人がチームとなって行います。
Webディレクターは、チームで連携を取りながら制作を納期までに終わらせるよう、仕事の発注・スケジュール調整・プロジェクトの進行管理を行います。
 
そのため、プロジェクト全体を把握する能力や、チームのメンバーと円滑にコミュニケーションができる能力が必要です。また、プロジェクト全体を把握するためには、それぞれの工程について知っておくことも重要でしょう。
 
 

Webデザイナーの年収・時給

社員のWebデザイナーの平均年収と派遣・アルバイトの平均時給についてご紹介します。
 
 

社員の年収

Webデザイナーの平均年収は340万円台です。(※)
ただし本人のスキルや経験によって年収には幅があります。実務経験が豊富で高い専門スキルをWebデザイナーであれば、年収が700万円程(※)の人もいます。
 
※出典
Webデザイナーになるには未経験でもOK?将来性&求人動向まとめ INTERNET ACADEMY
 
 

派遣・アルバイトの時給

webデザイナーの時給は、全国平均で1,700円程と言われています。(※)
求人によって8002,000(※)と幅は広いですが、高度なスキルがあれば高い時給が見込めるでしょう。
 
※出典
webデザイナーの平均的な時給 デザイナーになるには?
 
 

Webデザイナーの将来性

Web業界では、日々さまざまな技術が進化しており、Webデザイナーに求められるレベルも高まっています。そのため、関連資格を取得し、新しい技術に対応するためにスキルを上げていくことが重要です。
 
また、多くの企業では、プログラミングに関してはプログラマーが作業を行い、Webサイトの文字コンテンツに関してはライターが制作するなど、作業を分担して行っています。
そのため、デザインだけではなく、プログラミングやライティングなど他部門の作業も行えたり、プロジェクト全体を理解したりできるWebデザイナーは、高評価が得られるでしょう。
 
 

未経験でもWebデザイナーになるには

未経験でも、Webデザインの勉強をすればWebデザイナーになることができます。
以下の3つの方法について説明してきます。
 
 

独学でスキルを学ぶ

Webデザインに必要なスキルは、独学でも学ぶことができます。HTMLCSSは、比較的簡単なプログラミング言語なので、独学でも学びやすいです。
IllustratorやPhotoshopなどのソフトの操作も必須なので、きちんと使えるようになっておきましょう。
 
 

専門学校に通う

Webデザイナー養成のための専門学校があります。実際に通わなくても、ネットで受講できるものもたくさんあります。
 
専門学校でスキルを身につけることができれば即戦力になるため、仕事に就きやすいでしょう。
学校によってはコース終了後に仕事を紹介してくれるところもありますので、どんなサービスがあるのかも含めて学校を選びましょう。
 
 

未経験からできる仕事を始める

派遣であれば、未経験者でもエントリーできるWebデザイナーの案件があります。
基本的にHTMLCSSなどの知識や、IllustratorPhotoshopなどのソフトの操作スキルは必要ですので、就業前に身につけておきましょう。
専門学校などに比べて、就業しながらスキルを身につけることが出来るので、早く経験を積みたい方にはおすすめです。
 
マンパワーグループのJOBNETでは、Webデザインに関するお仕事を掲載しています
未経験で始められる求人もありますので、興味のある方はぜひお申込みください。
Webデザイナーのお仕事・求人一覧
 

関連記事