トップ | 派遣の働き方ガイド | 丸わかり職種一覧 | 証券事務職とは?必要なスキル・なり方・年収について解説

証券事務職とは?必要なスキル・なり方・年収について解説

証券事務

 
 
金融系の仕事に就いていた方であれば、「証券事務職」という言葉を耳にしたことのある方もいらっしゃるでしょう。しかし、具体的に証券事務職が、他の金融系の事務職と仕事内容がどう違うのかイメージしづらいのではないでしょうか。
本記事では、証券事務職を目指す上で、知っておくべき情報について網羅的に解説します。本記事を参考に、ぜひ証券事務の求人にチャレンジしてください。
 
 

証券事務職とは

証券事務職とは、証券会社の事務全般を指し、その業務は非常に多岐にわたります。
以下で、証券事務の詳しい仕事内容と、銀行事務などとの違いを解説します。
 
 

証券事務の仕事内容

証券事務の仕事内容は、主に以下の4つです。
 
・顧客との電話対応
株主からの受発注や顧客からの問い合わせ対応を電話でおこないます。
 
・株式に関連した業務
外国株式、投資信託、債券の注文などにも携わります。資格があれば株の売買もできます。
 
・営業やトレーダーのサポート業務
トレーダーが作成した受注伝票や証券関係の書類を、データ入力したり整理したりします。その他、データ入力や資料作成、セミナーの準備などのアシスタント業務もおこないます。
 
・金融商品の説明や販売
証券や通貨などの金融商品について、顧客に説明したり販売したりします。
 
 

他の金融事務(銀行事務)との違いは?

証券事務と他の金融事務との違いは、勤務する場所と仕事内容です。
証券事務や銀行事務などの金融事務は、それぞれの場所に特化した業務をおこないます。つまり、銀行事務は銀行で、証券事務は証券会社で勤務します。
 
参考として、銀行事務の具体的な仕事内容を以下に3つ列挙します。
 
・口座開設や振込手続き、口座振替などの窓口業務
・定期預金、投資信託、海外送金、貿易取引の事務処理、外国通貨への両替などの後方業務
・金融商品の販売(証券事務と共通)
 
 

証券事務の時給・年収は?

証券事務の平均時給は、未経験でも歓迎の業務で1,352円、経験必須の業務で1,477円です。(※)
また、平均年収は346万円です。男性は417万円、女性は329万円です。
一般事務の平均年収は328万円なので、証券事務の方がわずかに高くなっています。(※)
全体的に外資の事務は、年収が高い傾向があります。また業務内容によっても違いがあり、窓口での対応や端末の操作など純粋な事務作業だけでなく、商品販売にも深く関わる場合は高くなることが多いです。
※参考
よく解る!金融事務(銀行・証券)【職種図鑑】 はたらこねっと
平均年収ランキング2017(153職種の平均年収/生涯賃金) DODA
 
 

証券事務になるのに役立つスキル・資格とは

証券事務になるために特別な資格は必要ありませんが、金融業界に対する抵抗のない方が望ましいです。また、職業として証券に携わっていきたいという気持ちが必要になります。
以下で、証券事務になるのに役立つ代表的なスキルを3つ解説します。
 
 

オフィス系ソフトの操作スキル

証券事務には、オフィス系ソフト(WordExcel)を使いこなすことは必須です。特に、証券事務はデータ入力でExcelを使うので、使い慣れていない方はオフィス系ソフトの研修などを受講しましょう。
また、タッチタイピングもできるようにしておきましょう。
 
 

お客様と接するコミュニケーション力

証券事務は顧客と接する機会が多いので、コミュニケーション力が必要です。
日常的に相手の話に耳を傾けて、相手が何を必要としているかを理解できるようにすることが大切です。その上で、的確な受け答えができるようにしておきましょう。
また、経験を積むにつれて、証券取引や株の投資に関して顧客に提案することもあり、プレゼンテーション力も必要になることがあります。
 
 

金融に関する資格

証券事務になるために、金融に関する資格があると有利です。
金融の資格には、以下のようなものがあります。
 
・証券外務員資格
証券販売をおこなうための資格です。一種と二種に分かれており、二種では比較的リスクの低い証券を売ることができます。一種を持っていると、信用取引などリスクの高い証券も販売できます。
 
CFPAFP
顧客の人生設計に関して経済的側面からアドバイスをする専門家です。いずれも民間資格です。取得が難しいのはCFPの方で、いずれも継続学習が義務づけられています。証券事務の人でもこの資格があると、住宅ローンなどについて助言できます。
 
・FP技能士
CFP、AFP同様のファイナンシャルプランニングの専門家ですが、FP技能士は国家資格です。3級、2級、1級に分かれており、1級はCFP、2級はAFPと同等のランクです。資格に有効期限がないので、一度合格すると更新の必要はありません。
 
 

証券事務の良い点は?

証券事務の良い点や、やりがいを2点解説します。
 
 

金融に関する知識が身につく

証券事務として勤務していると、金融に関する知識が身につきます。
保険や貯金の計画、税金の計算や住宅の購入など普段の生活でも役立つことは多いです。そのため、仕事だけでなくプライベートでも金融の知識を生かすことができます。
お金は私たちの生活と切っても切れない関係なので、証券事務で得た金融関連の知識が実生活に役立つことは間違いないでしょう。
 
 

ファイナンシャルプランナーへのキャリアアップもできる

証券事務で得た知識を生かしてFP技能士やAFP・CFPなどの資格を取得できれば、ファイナンシャルプランナーへのキャリアアップも可能です。
 
 

証券事務の大変な点は?

証券事務には逆に大変な点もありますので、以下で2点解説します。
 
 

覚える専門用語が多い

証券事務は事務職とはいえ、覚える専門用語が多く、顧客から金融や経済に関する専門的な意見を求められる機会も多いです。
また、金融に関する法律は改正されることが多く、改正後の内容を正確に把握し、理解する必要があります。
場合によっては会社側から資格取得を求められることもあり、プレッシャーに感じる方もいます。
 
 

顧客のお金を管理するので、ミスが許されない

証券事務は顧客からお金を預かって管理するので、正確でミスのない作業が求められます。
さらには、伝票などの処理を正確におこなわなければならない一方で、スピードも求められます。
万が一ミスが見つかったときは部署全員で原因を追究し、判明するまで帰れないこともあります。
顧客の資産を預かる重大な業務であるという認識が必要で、常に緊張状態にあり、それをストレスに感じる方もいます。
 
 

証券事務になるには求人に応募しよう

証券事務は専門性が高そうな職種ですが、実は未経験でも目指すことができます。
証券や金融に関する知識がどの程度必要なのかは会社によって異なるので、証券や金融業界に興味がある方であれば、まずは求人を見るのがおすすめです。
 
JOBNETでは、未経験からできる証券事務の求人も数多く紹介しています。
興味のある方は、ぜひ以下のサイトから自分に合う求人がないかお探しください。
 
証券事務の求人一覧

関連記事