トップ | 派遣の働き方ガイド | 丸わかり職種一覧 | 学校事務とは?仕事内容、給料、必要なスキル・メリットを詳しく解説

学校事務とは?仕事内容、給料、必要なスキル・メリットを詳しく解説

ビジネスマナーの基本

 

この記事では、学校事務について説明しています。具体的には、大学事務を中心とした仕事内容や給料、必要なスキルやメリットなどについて解説します。最近、事務職の中でも人気が高いといわれる大学事務ですが、具体的な仕事内容はよく知らないという方も多いかと思います。
 
本記事を読めば、学校事務の仕事について、具体的なイメージをつかめます。学校事務に興味のある方など、お仕事を選ぶ際にぜひ参考にしてみてください。

 
 

学校事務の仕事内容

学校事務とは、小学校、中学校、高校、大学、専門学校などの学校法人、または予備校、学習塾のような教育機関で働く事務職の総称です。学校事務といっても、さまざまな業務があります。ここでは具体的にどのような仕事があるのか見てみましょう。
 

学生対応・学籍管理

学生対応とは、学生とコミュニケーションをとりながらサポートする業務です。申請対応などの窓口手続きや、学生からの質問対応がメインの業務です。
 
人気のある大学事務では、窓口手続きとして、入退学、転校のような学籍の変更対応があります。また、奨学金の受付などもあり、窓口以外の業務も幅広いのが特徴です。アルバイトの紹介、ゼミの募集、アンケートの実施、就職活動の支援など、学生をあらゆる面でサポートします。
 

文書作成

学生や保護者向けのプリントなど、学校で扱うさまざまな文書の作成を行います。大学の事務では履修要綱・授業時間割・シラバスまで作成することもあります。
 

教材の管理・発注

学校で使用する教材を把握して、必要な数だけ発注する業務です。勉強する学生にとって教材は欠かせません。教師の指定した教科書の発注を行うほか、普段から在庫が不足しないように定期的な確認作業も行います。
 

人事総務

人事系の部署に配属された場合は、採用・人事異動・教職員の給与や勤怠管理などの仕事を担当します。小規模の学校では、人事の専任でなくても人事業務に携わることがあります。
 

経理

経理系の部署に配属された場合は、入出金伝票の処理・経費の精算・決算の資料作成を行います。人事総務と同様に、小規模な学校では、経理の専任でなくても、業務として携わる場合があります。
 
 

学校事務の給料

最近人気のある学校事務の仕事ですが、給料は一般企業の事務職とほぼ同じレベルです。就職する学校の形態や場所によって金額は大きく変わりますが、相場は時給1,200~1,500円、平均年収は約300万円前後です※。
 
※参考:マイナビワークス求人データより(2017.12.20時点)
 
 

学校事務にあると有利なスキル・資格

学校事務の仕事に就くにあたって、身につけておくと有利なスキル・資格をご紹介します。
 

コミュニケーションスキル

窓口対応など、普段の業務ではコミュニケーションが欠かせません。書類作成や経理対応などデスクワークもありますが、学生や保護者、教師とのやり取りが日常的に発生します。それぞれの話を親身にきくスキルが必要となります。
 

MOSや秘書定、簿記などの資格

学校事務に必須ではありませんが、以下の資格を取得していると、有利になる場合があります。
 
・MOS検定(Word、Excel、PowerPoint)
・秘書検定
・簿記3級以上
 
事務業務では上記の資格に関連する業務があるので、書類選考や面接でよい印象を与えることができます。
 
 

学校事務のメリット

学校事務は人気のある職業です。学校事務の仕事に就くにあたり必要な条件、仕事内容、働き方などの観点から、学校事務のメリットを紹介します。
 

特別の資格がなくてもよい

学校事務の仕事には、採用試験を課すところもありますが、必須となる資格はありません。特に派遣社員、アルバイト、パートとして働く場合は「未経験可」としている求人もあります。現在、専門的なスキルはなくてもこれから身につけていきたいと考えている人には、オフィスワークの第一歩としておすすめできます。
 

児童や学生とかかわり、教育のサポートができる

学生とコミュニケーションをとり、それぞれの人生や成長を支援できるのは学校事務の魅力の一つです。大学や専門学校、予備校で働く場合には、学生の学業や生活そのもの、留学、就職までサポートできます。学生が成長するところを間近で見るという仕事は、学校事務だからこそできることです。
 

夏休みなど長期休暇がとれる

土曜出勤の職場もありますが、学生と同じ時期に長期休暇を取得しやすい点も魅力です。
入試・入学式前など、多忙な時期もあるものの、落ち着いて休みを取りやすいので、メリハリのある時間の使い方ができます。
 
 

学校事務はこんな方におすすめ

最後に、学校事務に向いているのはどのようなタイプなのか、具体的にみてみましょう。
 

コツコツと仕事がこなせる人

学校事務はデスクワークが中心で、細かな事務処理が多く、金銭を扱うこともあります。学生に関する重要な書類を扱う場面もあるので、作業には正確さが求められます。コツコツと丁寧に作業にこなせる人の方が向いている仕事です。
 

学生のサポートをしたい人

学校事務は、学生の成長を近くでサポートして見守ることができます。学生の困りごとを解決してあげたい、学生をサポートして成長を近くでみていたい方にはぴったりの仕事です。
 

 コミュニケーションが好きな人

学校事務は、学生や教師はもちろん、学校の顔として保護者や業者ともかかわることがあります。初対面でも礼儀正しく、上手にコミュニケーションが取れる人は学校事務に向いています。社会人としてのマナーを心得ていて、外部からの訪問者に対してきちんと対応できることが求められます。
 
 

まとめ

学校事務は、学生対応などの窓口勤務から、経理・人事・法務など幅広い業務があります。どの部署の業務につくかで仕事内容は異なってきます。しかし、特別なスキル・資格は必要ないので、コミュニケーションをとるのが好きな人、教育現場で働きたい方は、オフィスワークの第一歩として検討してみてはいかがでしょうか?
 
JOBNETでは青山学院や上智大学など有名校を含む、多数の学校での事務の仕事を紹介しています。学校事務に関心のある方は希望にあった仕事を見つけるためにぜひ利用してみてください。
 
学校事務のお仕事・求人一覧

関連記事