トップ | 派遣の働き方ガイド | スキルアップ講座 | テレワークのおすすめグッズ10選!在宅のコツやWeb会議で写りをよくするポイントまで解説

テレワークのおすすめグッズ10選!
在宅のコツやWeb会議で写りをよくするポイントまで解説

2020年7月8日
 
テレワークグッズ

 
テレワークを快適に効率よく行うためには、環境づくりが大切です。この記事では、テレワークの環境をよりよくするために、テレワークのおすすめグッズを10個ご紹介します。また、テレワークを効率よくすすめるコツや、Web会議ツールで写りをよくするポイントについても解説します。テレワークを快適にするために、ぜひ役立てください。

目次


テレワークに便利なおすすめグッズ10選!

 

ヘッドセット

 

 
ヘッドセット

出典:BuffaloヘッドセットBSHSHCS310BK
 
Web会議の際は、ヘッドセットを利用することで、スムーズに会話できるでしょう。パソコンにも備え付けのスピーカーやマイク機能がありますが、性能次第ではノイズが入るなどして相手に不快感を与えたり、自分もストレスを感じたりする可能性があります。
 
ヘッドセットはワイヤレスが便利ですが、音声が安定するのは有線のものです。好みや環境に合わせて活用するとよいでしょう。
 
 

テレワーク用バッグ

 

テレワーク用バック

出典:サクラクレパス ノータム・オフィス・トートバッグ
 
テレワーク用バッグの特徴は、仕事で使う資料や道具をひとまとめにできることです。仕事の道具を職場から持ち帰るときや、自宅での勤務終了後に片付けるときなどに便利です。また、子どもの手の届かない場所に置きたいときや、気分転換に違う場所で仕事をしたいときの持ち運びにも便利です。
 
 

スマホスタンド

 

スマホスタンド

出典:Amazon スマホスタンド タブレットスタンド 角度高度調整可能
 
デスクにスマホスタンドを用意すると、通話がハンズフリーでできたり、通知確認のためにスマホを持ったりすることがなくなるので、仕事環境が快適になります。通知確認のたびにスマホを持つことは作業を中断することになるので、作業効率が落ちてしまいます。
 
スマホスタンドを活用して、通知は適宜確認しながら必要なものにだけ返事をするなど、効率よく作業を進めましょう。
 
 

卓上扇風機

 

卓上扇風機

出典:エレコム flowflowflow卓上ファン
 
暑い夏にテレワークをするときの必須アイテムが卓上扇風機です。また、パソコンから発生する熱がこもると、余計に暑く感じるだけでなく、パソコン本体に異常をきたすこともあります。卓上扇風機を活用して適度に涼み、パソコンの熱も逃がすことで、効率よく仕事ができるでしょう。
 
 

ノートパソコン用スタンド

 

ノートパソコン用スタンド

出典:サンワサプライ アルミ製ノートパソコンスタンド
 
スタンドにノートパソコンを置くことで、ディスプレイを目線の高さに合わせることができます。デスクの上にノートパソコンを置いて作業する場合は、目線が下がり、それに合わせて背筋もまがってきてしまいます。スタンドを使うことで姿勢よく仕事ができるため、長時間ノートパソコンにむかっていても、疲れにくいというメリットがあります。
 
 

電子メモパッド

 

電子メモパッド

出典:KING JIM 電子メモパッド ブギーボード
 
電子メモパッドとは、タッチペンで書き込んだり消したりできる、タブレットサイズのボードです。紙のメモは不要になると捨てますが、電子メモパッドはボタンひとつで消すことができます。紙を消費しないため、メモ用紙を余分に用意する必要がありません。また、よい書き心地を感じられる摩擦があるので、気持ちよくメモをとることができます。
 
 

デスクライト

 

デスクライト

出典:Panasonic デスクスタンド
 
長時間のパソコン作業は目が疲れてきますが、デスクライトを活用することで、目の疲れを軽減することができます。デスクライトは、明るさだけでなく色も調節でき、自然光に近い色に調節することで、目の疲労を抑えられます。ペン立ての機能がついているものなどもあるので、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。
 
 

サポートクッション

 

サポートクッション

出典:Jzyss-shop 美姿勢サポートクッション
 
長時間座ったまま仕事をしていると、腰が疲れてきます。疲れる原因のひとつが、座る姿勢の悪さです。そんなときは、椅子に腰をサポートするサポートクッションがおすすめです。サポートクッションを使って座ると、背筋が伸びて体圧が分散されるため、腰の負担が軽減されます。
 
 

アロマディフューザー

 

 
アロマディフューザー

出典:有限会社 富田屋酒店 USBミニ アロマディフューザー タイマー
 
香りの効果で気分転換できるグッズが、アロマディフューザーです。仕事に集中できる香りやリラックスできる香り、抗菌効果がある香りなど、多くの種類があるため、場面や気分で使い分けるといいでしょう。特に、仕事とプライベートをきっちり分けたい人におすすめです。
 
 

仕事専用デスク

 

仕事専用デスク

出典:イトーキ UBIQ (ユビック) デスクM・S[ヴィンテージブラウン] 有限会社 富田屋酒店 USBミニ アロマディフューザー タイマー

テレワークの際に、ダイニングテーブルを使用している人もいるでしょう。専用のデスクを用意すると気持ちが仕事モードに切り替わり、集中する環境が整えられるため、仕事専用デスクの準備がおすすめです。仕切りつきのものや折りたたみが簡単にできるもの、スタンディングデスクなど種類も豊富なので、自分に合ったものを選びましょう。
 

テレワークを効率よくすすめるコツ

 
テレワークを効率よくすすめるためには、コツがあります。ここでは、テレワークの効率を上げるコツを7つご紹介します。
 

生活リズムを整える

 
効率のよいテレワークには、生活リズムを整えることが大切です。テレワークは通勤の必要がないため、ついつい起きる時間が遅くなりがちです。しかし、起きる時間が遅くなれば、その分生活リズムが崩れてしまい、体調に影響が出てしまうかもしれません。生活リズムを整えるために、起きる時間は変えないようにしましょう。
 

仕事のスイッチを確実に入れる

 
自宅にいると、なかなか仕事モードに切り替えられず、ダラダラと仕事をしてしまいがちです。その場合は、仕事を始める前のルーティンを作ることが有効です。ルーティンを作って仕事モードのスイッチを確実に入れられるようになることで、テレワークの効率が上がります。
 

todoリストを作成しタイムスケジュールを明確にする

 
その日やることをあらかじめ決めておくと、きびきびと仕事ができます。todoリストやタイムスケジュールを決めて、時間どおりに動くようにしましょう。また、決定したtodoリストやタイムスケジュールを、アプリを使ってチーム内で共有しておくと、さらに便利です。
 
集中したいタイミングで急なWeb会議が行われるなどの心配もないため、自分のペースを乱すことなく仕事ができます。
 

お気に入りの飲みものを用意する

 
オフィスと違って、自宅では仕事中の飲みものを自由に選べます。こだわりの飲みものを用意することで、仕事へのモチベーションアップにもつながります。また、用意するのにひと手間かかるような飲みものも効果的です。準備のひと手間で気分転換できるため、行き詰まったときにも有効でしょう。
 

SNSを遠ざける

 
誰も監視していないテレワークは、SNSが大敵なので、遠ざける工夫が必要です。何気なくタイムラインを見たり、通知が気になったりして仕事に集中できない場合は、SNSアプリが表示される階層を深くしたり、通知を切ったりして、SNSを遠ざけましょう。仕事の連絡をパソコンだけで行っている場合は、スマホを見えないところにしまっておくことも有効です。
 

休憩を適度にとる

 
仕事をサクサクすすめるためには、休憩も大切です。リラックスできる自宅での休憩になるため、仕事に復帰するころにはリフレッシュできているでしょう。ただし、テレビには注意が必要です。休憩時間にテレビをつけてしまうと、内容が気になってしまったり、ダラダラと休憩が長引いてしまったりするため、テレビはつけないようにしましょう。
 

仕事のスイッチを確実に切る

 
テレワークは仕事場所が自宅なので、仕事のオンとオフの切り替えを意識的にしないと、業務時間が終わっても仕事のことを考えてしまいがちです。しかし、その状態ではしっかりと休むことができません。仕事道具は見えない場所に片付けるなどして、仕事のスイッチをしっかり切り、オフの時間を楽しむようにしましょう。
 

Web会議ツールで写りをよくするポイント

 
テレワークでは、Web会議をする機会が増えてくるので、カメラ写りが気になる方もいるでしょう。Web会議ツールでのカメラ写りをよくするポイントを解説します。
 

Web会議ツールの設定を確認する

 
Web会議ツールには、補正機能がついていることがあるので、よく調べてみるとよいでしょう。この設定をオンにすることで、ある程度写りがよくなります。
 
例えば、Web会議ツールのZOOMには外見補正機能があります。パソコンの場合は、設定画面のビデオの項目から「ビデオフィルタを適用する」をチェック、スマホの場合は、設定画面のミーティングから「外見を補正する」をオンにすることで設定できます。
 

トップスは明るい色にする

 
Web会議ツールでは上半身しか写らないため、トップス選びが大切です。明るい色のトップスであれば、顔色がよくなるので、カメラ写りもよくなるでしょう。また、顔がメインで写ることになるため、イヤリングなどの顔周りのアクセサリーをつけることもおすすめです。
 

ヘアメイクはWeb会議仕様に

 
メイクや髪型をWeb会議仕様にカスタマイズすることもよいでしょう。ポイントは、肌のツヤと血色です。Web会議ツールではカメラによって補正が効くため、細かいところは割愛してもかまいません。目頭から頬骨のもっとも高い場所までのゾーンを中心に、血色がよくツヤが出るようにメイクしましょう。
 
また、正面からカメラに写るため、前髪には注意が必要です。カメラを通すと顔に影ができてしまい印象が悪くなります。前髪を短くしたり、まとめて上げたりするなど工夫するとよいでしょう。
 

照明を工夫する

 
通常の部屋には上からのライトしかないため、Webカメラには逆光となり、顔が暗く写ってしまいます。そのため、顔に光が当たるように照明を工夫して明るくすることで、きれいに写るようになります。手元用照明を使って天井照明の反対側の角度から光を当てたり、白い紙やアルミ箔を反射板として使用したりするとよいでしょう。
 

カメラの位置を工夫する

 
よりよく写りたいのなら、カメラの位置を工夫することも大切です。自分の顔を下から写すと、顔の下半分が大きく写ってしまうため、太った印象をもたれてしまいます。また、上から見下ろした目線になってしまうため、偉そうな印象を持たれてしまう可能性もあります。
 
カメラは、自分の姿ができるだけ上から写るように、少し上のほうに設置することがおすすめです。あごが小さく写るため、シュッとした印象を与えられるでしょう。
 

まとめ

 
テレワークは環境づくりを工夫することで、オフィスで仕事をする際と似た環境を整えることができます。自分にあったグッズやWeb会議ツールで写りをよくするポイントなどを活かし、快適なテレワークができるとよいですね。
 
「マンパワーグループのJOBNET」では、さまざまな業界・職種の派遣求人情報を掲載しています。自分にあった働き方をみつけてみませんか?
 
マンパワーグループの【JOBNET】はこちら


関連記事