トップ | 派遣の働き方ガイド | スキルアップ講座 | マスターしたい仕事の教え方 その基本や教え方のポイントを解説

マスターしたい仕事の教え方
その基本や教え方のポイントを解説

仕事 教え方

職場で教育担当や業務指導、引き継ぎなどを行うことになり、誰かに仕事を教える難しさを実感しているという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、上手に仕事を教えるポイントを知りたい方に向けた内容を紹介します。仕事を教える際のステップや注意点などを解説しますので、今後の業務を進めるうえで役立ててください。

目次


仕事を上手に教えるには、まず具体的な方法(型)を作り、それを教えて理解させ、実行させるというステップをしっかりと踏むことが重要です。さらに、できたときは褒め、できなかった点はフォローするようにしましょう。
 
まずは相手に仕事への関心をもってもらい、何を教わっているのかを整理、理解してもらうことで、相手の自信と仕事への興味を引き出していくことが大切です。また、教えるとき忘れてはいけないのは、相手の言葉に耳を傾け、教えられる側が発言できる環境をつくるようにすることです。


仕事を教えるとひとことで言ってもさまざまな状況があります。ここでは、状況別に教え方のよい例と悪い例を挙げていきます。

新入社員に教える場合

新入社員に教える場合、全体の流れの中で、自分が担う仕事がもつ意味合いをきちんと理解してもらうことが大切です。
 

よい教え方

仕事の手順を伝えるときは、その業務の目的や意味を具体的な言葉で説明します。そのうえで、指導者が実際に業務を行い、新入社員が見ることでわからないことを率直に尋ねられる関係性を築けます。
 

悪い教え方

相手がどれくらい理解しているかを確認せずに自分のペースや仕事の流れを無視して進めたり、相手の理解度が遅いことを責めたりすると、新入社員は萎縮してしまいます。どうしたら伝わるのかを考え、相手の立場に立つことを意識しましょう。
 
 

中途採用社員に教える場合

中途社員は、新卒と違い実績やスキルがあるので、教育は必要ないと考えたり、どこまで教えればよいかわからなかったりすることも多いでしょう。自社の社内システムの使用方法やルールなど業務を始める前に必ず伝える必要がありますので中途採用者用のマニュアルを用意しましょう。
 
また、期待していること、現状の課題などを伝えましょう。中途採用者は、会社の思いと自分の求められていることを理解して業務に取り組むことができます。
 

よい教え方

教育研修などで自社の経営理念や価値観を共有したり、現状の業務の課題、その社員に期待する役割を伝えたりすること重要です。そのうえで、新しい環境に早く慣れるように、周囲が適宜サポートしていくとよいでしょう。

悪い教え方

中途採用社員は即戦力なので早く活躍してほしいと、業務に必要なルールなどをきちんと伝えないまま現場に送りだすのはよくありません。周りに頼れず、強いプレッシャーを感じてしまいます。仕事を始める前に必要な知識やルールは必ず共有しましょう。
 
 

年上の部下に教える場合

年上の部下の場合、気を遣ってしまいがちですが、相手を尊重しながらも、上司としてきちんと相手を指導していく気持ちをもつことが重要です。
 

よい教え方

年上の部下に対して指導を行う場合、特に相手の経験を尊重する姿勢が重要です。まずは前職での経験を聞いたうえで、自社とやり方が違う点があれば、どのような点が異なるのか具体的に説明することで、相手も業務を理解し、取り組みやすくなります。
 

悪い教え方

年上であることに遠慮して、相手のミスや間違いを指摘できないでいると、相手も信頼を寄せることができません。指導すべきときにはきちんと伝えましょう。しかし、ほかの社員がいない会議室や別室で個別に対応することが大切です。


仕事の教え方の基本とそのポイントを、「理由付け・説明」「実演・経験」「評価・フォロー」の3つのステップに即して解説します。

理由付け・説明のポイント

最初のステップでは、業務内容や業務の位置づけを理解させ、その方法を説明します。この際、自身の経験則を交えた説明を行うと、相手のモチベーションを上げるのに有効です。自分が新人だったころに失敗した原因や仕事がうまくいったときの実例をわかりやすく伝えれば、相手も自分に置き換えて考えることができ、話の内容を記憶しやすくなります。

それに加えてさまざまな情報を同時に与えないことも大切です。仕事の流れを把握していない状態で情報が大量に入ってくると、相手は追い込まれてしまいます。教えたことを相手が理解してから次に進むようにし、相手としっかり向き合う姿勢で取り組みましょう。
 
 

実演・経験のポイント

次は、説明した内容を指導者が実演して見てもらい、次に相手が実演するステップです。口頭で説明するだけではイメージしづらいことも多いので、実際に見てもらい順を追って説明していくことは重要です。
 
ここではまず、自分のペースでものごとを考えないことがポイントです。仕事を教わってすぐには自分や経験のある社員と同じように作業ができなくても当然です。不明点があれば質問してもらい、相手が理解できるまで繰り返しましょう。
 
また、相手がミスをしたときは感情的にならずに、相手の話に耳を傾け、どうしたら改善できるかを具体的に伝えます。相手が萎縮せずに発言しやすい環境をつくることで、何か問題が起きたときもきちんと報告を受けられるようになります。
 

評価・フォローのポイント

最後は、相手の仕事ぶりを評価し、改善すべき点をフォローしていくステップです。この際のポイントは、よくできた点をしっかりと褒めることです。よかった点を最初に伝えたうえで、アドバイスというかたちで改善点を示せば、相手のモチベーションも上がるでしょう。

また、よかった点はできるだけ具体的に伝え、客観的な評価をすることが大切です。それにより教えられる側は一つひとつのステップで自分がどこまで到達できたかを知ることができ、自信につなげられるでしょう。
 
最初のうちはフォローする頻度を多く設け、業務に慣れてきたら、徐々にその頻度を減らしていくとよいです。また、相手の間違いやミスについて指摘するときは、要点をしぼったうえで簡潔に伝え、どうすればよりよくなるか、プラスにつながるような伝え方を心がけましょう。


この記事では、職場で教育担当や業務指導を行う方に向けて、上手に仕事を教えるポイントを解説してきました。仕事を教える際に特に心がけたいのは、ここで解説した「説明・実践・評価」のステップを丁寧に行っていくことです。また、常に相手の言葉に耳を傾け、相手が必要なときに質問したり発言したりしやすい環境を目指しましょう。
 
教える側も教えられる側も気持ちよく働くためには、こうした職場環境が大切です。自分に合った環境やお仕事を探すだけでなく、仕事の教え方を身につけておくことで、新しい職場に移ったときに教えてもらう際にも役立つことはあるでしょう。マンパワーグループでは、さまざまな業界・職種の求人情報を数多く掲載しているほか、未経験からでも始められる仕事も多数取り扱っています。まずは登録してみてはいかがでしょうか。
   
マンパワーグループの登録はこちら


関連記事