トップ | 派遣の働き方ガイド | 丸わかり職種一覧 | UI / UXデザイナーになるには?必要なスキル・求人情報まで解説

UI / UXデザイナーになるには?必要なスキル・求人情報まで解説

UI,UXデザイナー

 
 
Webサイトやアプリに携わる中で、”UI” ”UX” という言葉を耳にした経験がある方も多いのではないでしょうか。今ではユーザーに使いやすいサービスにするために、これらの言葉を理解することは必須ともいえます。
 
本記事では、UIUXの違いから、UI / UXデザイナーの仕事内容と必要なスキルを具体的に解説します。UI / UXデザイナーに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。
 
 

UI(ユーザーインターフェイス)とは

UI(ユーザーインターフェイス)とは、ユーザーとサービス・製品との接点のことで、ユーザーの目に触れる部分全てを指します。
コンピューターのUIであれば、ユーザーにどのような表示(入力画面など)を見せ、どのような操作感を与えるかということです。
 
たとえば、Webサイトの配置やデザイン、文字の大きさやフォント、製品であれば外観など、ユーザーの視覚に触れる情報は全てUIです。
 
ユーザーを誤った方向へ誘導せず、ユーザーにとって使いやすい画面や外形をデザインするのがUIデザイナーの仕事です。
 
 

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは、ユーザーがサービス・製品を通じて得られる体験のことです。
ただ単にユーザーの目的を果たせるかだけでなく、ユーザーがやりたいことをスムーズにできるかという重要な概念です。
 
例として、駅で切符を買うことを考えます。
ユーザーは切符を駅の券売機で買いますが、切符の購入が最終的な目的ではなく、改札を通って電車に乗ることで完結します。
そのため、券売機の表示をわかりやすくする(UIの要素)、券売機を改札の近くにするなど全体の工程を見通した工夫が必要になります。
 
UXデザイナーは、Web上でユーザーがストレスなく目的を果たし完結するように、全体を見通したサービスや製品を設計するのが仕事です。
 
 

具体例をもとにUI / UXの違いを解説

UIに触れることはUXの一部です。
UIとUXには「UI⊂UXUIUXに含まれる)」という関係があります。
 
イメージしやすいように、Webサイトから商品を購入する場合の体験を紹介します。
 
・文字が大きくて読みやすかった
・サイトの注文までの流れがわかりやすかった
Webで商品について問い合わせたら、対応が早かった
・商品のクオリティーに満足した
 
以上のような、サービスの質に関する情報はユーザーが得た体験なのでUXです。この中で、上2つはユーザーがパソコン・スマートフォンなどで目にするできる部分なのでUIでもあります。
 
つまり、UIに触れることはUXの一部だと言えます。
 
 

UI / UXデザイナーの具体的な仕事内容とは

UI / UXデザイナーの業務内容は、ユーザーへの調査、骨組みの作成、デザイン、プレゼンテーションなどです。UI / UXデザイナーは、幅広い業務に携わっていることがお分かりいただけると思います。
 
それぞれの業務について、以下で簡単に説明します。
 
 

ユーザーへの調査

ユーザーが求める機能やサービスを調査します。具体的にはGoogleアナリティクスでWebサイト上のユーザーの行動を分析する方法や、オンラインで聞き取り調査をする方法、2つのデザインを比較して行うABテストを行う方法などがあります。
 
 

骨組みの作成

調査した内容をもとに、想定するユーザー像やサイトの内容、その骨組みを考えます。
デザインの元となるワイヤーフレーム(何をどこに配置するかを決めた大まかな設計図)を、開発チームと綿密に打ち合わせを重ねながら決めていきます。
 
 

デザイン・サイトの情報設計

企画したサイトやアプリのアイコンや、Webサイトの背景のパーツを制作します。
また、SEOやマーケティングなどサイトの情報設計も行います。
 
ユーザーの使いやすさを第一に考えてデザインを仕上げることを心がけます。
印象を左右する色彩やレイアウトには特に気を配りましょう。
 
 

プレゼンテーション

UI / UXデザイナーは、デザインを企画するだけではなく、なぜそのような企画を立ち上げたのか、考えたデザインの利点などを、ユーザーの声も含めてクライアントや開発チームにプレゼンテーションをする必要があります。
このプレゼンテーションを終えてはじめて、プロダクトの完成といえます。
 
 

良いユーザー体験を設計できるUI / UXデザイナーが求められている

今、UI / UXデザイナーが求められている理由は、利便性と売り上げを兼ね備えたデザインを設計できる人の需要が増しているからです。
 
上のような需要が増えてきた2つの背景について以下で説明します。
 
 

IoT化が進みインターネットに接続する機会が増えたこと

最近はエアコンや電気ケトルなどさまざまな商品がIoT化し、インターネットを使用するようになりました。
それによって、使いやすいアプリなどのサービスが求められるようになりました。
 
 

スピードより売り上げを重視するようになったこと

従来のサービスは、スマートフォンに対応しているだけで優位に立つことができ、他社との差別化は簡単でした。しかし、今ではスマートフォンに対応しているのは当たり前となり、さらに使いやすいサービスが求められています。
利便性と売り上げの両方を重視してサービスをつくれる人は、企業からもニーズがあります。
 
 

UI / UXデザイナーに求められるスキルは「ユーザー視点」

UI / UXデザイナーに求められる最も重要なスキルは、ユーザー視点です。
ユーザーの視点に立って見やすいデザインを考えたり、必要としている情報にすぐにアクセスするために最適なレイアウトなどを考えたりします。
 
ユーザー視点に立つときに考慮するべきポイントは、ユーザーはデザイナーが持っている専門知識を持っていないということです。
そのため、デザイナーが好むデザインとユーザーが好むデザインが異なることはよくあります。
デザイナーとして「かっこいい」「使いやすい」と思うデザインでも、ユーザーが使いづらさを感じてしまった場合は、から考え直す必要があります。
 
UI / UXデザイナーは、ユーザーの不満に耳を傾ける客観性がもっとも必要です。
ユーザーの貴重な意見から、多くのユーザーにとって使いやすいデザインを学んでいきましょう。
 
 

まとめ

UIとはユーザーインターフェイスの略称で、ユーザーの目に入ってくるサービスの情報を意味します。
それに対してUXはユーザーエクスペリエンスの略称で、ユーザーがサービスを通して得られる体験を指します。
UI / UXデザイナーは、デザインに加えてユーザーへの調査やプレゼンテーションなどの業務にも携わっています。
 
ユーザーの視点に立って考え、客観視することが得意な人は、UI / UXデザイナーに向いています。この機会に始めてみてはいかがでしょうか。
 
マンパワーグループのJOBNETでは、Webデザインに関する求人を掲載しています
未経験で始められる求人もあるので、興味がある方はぜひご登録ください。
UI / UXデザイナーのお仕事・求人一覧

関連記事