トップ | 派遣の働き方ガイド | 丸わかり職種一覧 | ネットワークエンジニアとは?業務内容から必要なスキルまで詳しく解説!

ネットワークエンジニアとは?業務内容から必要なスキルまで詳しく解説!

ネットワークエンジニア

 
 

エンジニアを目指そうか検討する中で、「ネットワークエンジニア」という言葉をみつけた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、ネットワークエンジニアの業務内容、年収、必要なスキル、仕事に就く方法まで詳しく説明しています。ぜひ一読してみてください。

 
 

ネットワークエンジニアとは

ネットワークシステムの設計・構築・運用・保守などを行う技術者をネットワークエンジニアといいます。主な活躍の場はIT企業で、サーバー環境やネットワーク環境の設計・構築から、その運用・保守まで、幅広い専門知識と技術が必要とされる職業です。
 
 

ネットワークエンジニアの業務内容

ネットワークエンジニアの主な業務内容は以下の2つに大別できます。
 
 

ネットワークシステムの設計と構築

クライアントの依頼によりネットワークシステムを設計し、その設計書をもとに回線の設置を行います。クライアントから、OS・セキュリティ・サーバーなどの情報・要望をヒアリングした上で設計書を作成するため、幅広いインフラ知識が求められます。
 
 

ネットワーク運用・保守

ネットワーク構築後のアフターケアとして、運用と保守についても、ネットワークエンジニアが担当します。運用とは、ネットワークの変更や増設のことで、保守とは、機器故障などのトラブル防止・解決を指します。ネットワークは一度構築されたで、さらに新しく構築する機会は少ないため、ネットワークの運用・保守がメインの仕事となります。
 
 

ネットワークエンジニアの年収

ネットワークエンジニアの平均年収は475.2万円です※。大企業のネットワークエンジニアの平均年収は759.8万円、中企業のネットワークエンジニアの平均年収は628.8万円、小企業のネットワークエンジニアの平均年収は569.9万円です※。
 
※参考:ネットワークエンジニアの仕事内容とは?DODA職種図鑑 転職ならDODA(デューダ)
    ネットワークエンジニアの年収給料・20~65歳の年収推移・役職別・ccnp、ccieの年収 平均年収.jp
 
ネットワークエンジニアは実力が重要視される職業なので、知識と経験を積み重ねていくことで年収をアップすることもできます。
また、仕事に関連のあるIT系の資格(CCNA、CCNP、CCIEなど)を取得すると平均年収を上回ることが期待できます
 
 

ネットワークエンジニアに求められるスキル

ネットワークエンジニアに求められる主なスキルは3つあります。それぞれ詳しくていきましょう。
 
 

専門的なコンピュータ関連の知識 

インターネットの普及により、DNS・WWWサーバーなど、ネットワークに関する専門的な知識や、TCP/IPの知識・技術スキルなどが求められます。サーバー関連の知識として、インターネットの設定ができるくらいの知識が求められます。その他、OSのインストールの経験があるとよいでしょう。
 
 

論理的思考能力

実際に業務をこなしていく中で論理的に考えられるスキルが求められます。
 
システムの設計時に、盛り込むべき要件が漏れてしまうと、想定外のトラブルが発生します。そのため、論理的に考えて、要件に過不足がないか検討することが必要です。また、トラブルが起こった際「なぜトラブルが発生したのか」「どうすれば問題を解決できるのか」を冷静に検証し、原因をみつけて対処しなければなりません。論理的思考能力があれば、トラブルをスムーズに解決できます。
 
 

コミュニケーション能力

技術さえあればネットワークエンジニアになれる、と思われがちですが、コミュニケーション能力も重要なスキルです。会社ではほかのエンジニアと協力して仕事を進め、クライアント直接話しながらネットワークシステムを提案する機会が多いからです。
 
コミュニケーションが苦手でもエンジニアを希望することはできますが、コミュニケーション能力があれば仕事をスムーズに進めることができます。
 
 

ネットワークエンジニアにおすすめの資格

ネットワークエンジニアは実力が重視されますので、エンジニアの専門知識をアピールすることが重要です。実務経験以外でも、独学で身につけた専門知識を証明するために、資格取得をおすすめします。主に以下の2つの資格があります。
 
 

1.CCNA(シスコ認定ネットワークアソシエイト)

CCNAはネットワーク技術を習得している証となり、ネットワークエンジニアになるために欠かせないは資格と言えます。シスコシステムズ社は、ネットワークを構築する際に使うルーターやスイッチなどの製品を提供しています。そのため、シスコシステムズ社が認定するCCNAを取得していることは、就職・転職の際のアピールポイントとなります。
 
 

2.CCNP(シスコ認定ネットワークプロフェッショナル)

CCNPもCCNAと同じく、ネットワーク技術を習得した証拠となる資格です。CCNAの上位資格として位置づけられています。ネットワークエンジニアの仕事に就きたいならCCNAを持っていることアピールポイントになりますが、さらに高度で大規模なネットワークに対応する場合は、CCNPの取得が求められます。
 
以上のような資格を取ることで、履歴書を書く際のアピールポイントとなり、雇用のチャンスにつながります。また資格をつことで、雇用後はネットワークの設計や構築など、高度な業務にはじめから携われる可能性があります。
 
 

ネットワークエンジニアとしての働き方

ネットワークエンジニアの雇用形態には、主に正社員と派遣社員があげられます。それぞれの雇用形態について詳しく見ていきましょう。 
 
 

1.正社員

正社員としてネットワークエンジニアの仕事に就いた場合、安定した社会的地位を手に入れることができます。派遣社員に較べて重要度の高い案件を任せられる、充実した教育制度を受けられるといったメリットがあります。
 
  

2.派遣社員

部署によっては、残業が発生することもあります。派遣社員が残業した場合は、残業代が必ず支給されるので、就業時間によっては正社員よりも高収入になります。出勤しやすい勤務地や配属先を自由に選べる点も魅力です。
 
派遣社員として色々な経験をしスキルアップすることで、正社員へのキャリアチェンジも可能です。
 
マンパワーではネットワークエンジニアを紹介してます。興味のある方は、以下のサイトからネットワークエンジニアのお仕事を探してみましょう。
ネットワークエンジニアのお仕事・求人一覧
 
 

まとめ

ネットワークエンジニアには、パソコンスキルやハイレベルな専門知識、コミュニケーション能力のような、さまざまな技能・技術が求められます。技術があればあるほど高収入のチャンスがあります。派遣社員は勤務場所を自由に選ぶことも可能なので、専門職としてスキルを磨き続けられます。このため、あえて派遣社員としてネットワークエンジニアを選ぶ方もいます。
 
 
世界がネットワークでつながっている現代において、ネットワークエンジニアは必要不可欠な職業です。ぜひ挑戦してみてください。
ネットワークエンジニアのお仕事・求人一覧


SODATEC

未経験からエンジニアを目指す方におすすめ
マンパワーの新サービス・SODATEC

未経験から正社員ITエンジニアを目指したい方
~研修制度(無料)あり~

首都圏在住の、新卒・第二新卒のIT業界未経験者の方を対象に、10日間の無料研修を実施し、就業までサポート。IT知識だけでなく、社会人として必要なビジネススキルの基本も学習できます。IT業界においてエンジニアの需要が拡大している今、新しいスキルを習得して活躍してみませんか。
 
詳しくはこちら
 


関連記事