トップ | 派遣の働き方ガイド | 丸わかり職種一覧 | 人事(HR)のお仕事とは?業務内容から必要なスキル・向いている人の特徴まで詳しく解説!

人事(HR)のお仕事とは?業務内容から必要なスキル・向いている人の特徴まで詳しく解説!

人事,HR

 
 

「人事の仕事に就きたいと考えているけど、具体的にどんな仕事なのかわからない…」
「人事の仕事に就きたいけど、どんなスキルを身に付ければいいの?」
そんなお悩みを抱えてこの記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。
 
本記事では人事の業務内容、年収、必要なスキル、向いている人の特徴、お仕事の就き方まで詳しく説明しています。
この記事を読めば、人事のお仕事に就くための必要な知識を理解することができます。
ぜひ一読してみてください。
 

 
 

人事(HR)の仕事とは

人事は、会社の発展に貢献するお仕事です。会社にふさわしい人材を見極め、組織全体を把握し、どの部署に何人必要か(部門構成・人員配置)、社員に不足しているスキルはないか(人材育成)を判断します。
 
人事の主な業務内容は人材採用・人材育成・人材評価・労務管理・人事制度企画立案です。「ヒト」を通して会社組織を発展させる役割を担っています。
 
 

人事(HR)の業務内容

人事の主な業務内容について、詳しく解説します。
 
 

人材採用

人事の主な仕事として、人材採用があります。まず、会社を発展させるためにはどのような人材が必要かを判断し、採用計画を立てます。その計画に基づいて人材採用に向けて活動を始めます。
 
採用方法は人材紹介会社・求人サイトなど多岐にわたっています。どの場合においても、人事が企画立案をおこないます。会社の規模が大きければ、「新卒採用専任」「中途採用専任」などのように分かれていることもあります。
 
 

人材育成

会社の発展のために、社員はどんな教育や研修が必要なのかを見極め育成を担当します。研修の開催自体は外部に任せることもありますが、どんな研修が必要なのかを立案し、調整を行うのは人事の仕事です。
 
 

人事評価

社員の実績の評価を適切におこない、評価結果に基づいて給与・配置・異動についての取りまとめを担当します。社員のモチベーションに直接関係するので、重要な仕事といえます。ただし、企業によっては人事部が評価をおこなわない場合もあります。
 
 

労務管理

人事は、安全衛生管理、福利厚生業務、健康診断、社会保険手続きなどの書類やデータを扱う業務も行います。いずれも「ヒト」に関わる仕事であり、社員が安全に働くために欠かせないものばかりです。会社の規模によっては、これらの仕事を総務が行う場合もあります。
 
 

人事制度企画立案

社員の処遇を決定する際の基準となる評価制度や報酬制度の人事制度全般の企画立案をおこないます。人事制度の企画立案をするためには、専門的な知識が必要ですが、その分やりがいのある仕事といえます。こちらも社員のモチベーションに直接関係するので、重要な仕事です。
 
 

人事(HR)の年収

人事の年収は平均510万円です。営業・財務などほかの管理職に比べれば少ないですが、事務職に比べると50万円ほど高い年収です※。人事の職に就く年齢層は20代~40代と幅広く、経験を積み重ねて管理職まで昇進すると年収が1,000万円を超える場合もあります。
※参考:平均年収ランキング2017(153職種の平均年収/生涯賃金) 転職ならDODA(デューダ)
 
また、平均時給は未経験者で1,559円、経験者で1,575円と、ほかの職種に比べて高くなっています※。
※参考:派遣の職種別平均時給 はたらこねっと
  
 

人事(HR)に求められるスキル

人事に必要とされるスキルを詳しくみていきましょう。主に求められるスキルは以下の3つです。
 
 

コミュニケーション能力

人事の仕事は、高いコミュニケーション能力が必要となります。社員への対応はもちろん、社外においても、採用イベントなどで学生・転職希望者とコミュニケーションをとる機会があります。
 
関係性構築のために、円滑なコミュニケーションのスキルを身に付けておくことが望ましく、社内外で発生するさまざまな問題にも柔軟に対応できるが求められます。
 
 

OAソフトの基本的な操作

人事は人と関わる業務だけでなく、保険手続きや健康診断など書類やデータを扱うデスクワークも担当します。そのため、OAソフト(Microsoft WordやExcel、PowerPoint)を用いたデータ入力や書類作成のスキルがあると役に立ちます。
 
 

情報収集能力

人事に必要な重要な能力のひとつに、情報収集能力があります。たとえば、労働法に関する知識は社内の人事制度改革に関わってきます。労働法はたびたび改正されるので、何か変わっていないか、常に目を光らせておく必要があります。
 
 

人事に向いている人

では、どのような人が人事に向いているのでしょうか。主に以下の3つが挙げられます。
 
 

明るく対応できる人

人事の仕事内容のひとつに新入社員の採用があります。志望者にとって、人事の対応は会社のイメージそのものです。人事は会社の顔と言っても過言ではありません。会社の印象を背負い、明るく対応できる人が人事に向いていると言えます。
 
 

進捗管理能力のある人

採用計画を立てる際、そのスケジュール管理や選考を行う回数・人数などの設定などを行うという業務があります。そのため、進捗状況を管理する能力が求められます。
 
 

機密情報を適切に扱える人

人事は秘密情報に触れる機会がたくさんあります。採用や保険手続きなどの業務を通して社員の個人情報を扱い、人事評価にも関わります。秘密を守れる口の堅い人は人事の適性があります。
 
 

人事(HR)に求められる資格

人事の仕事に就くために絶対に必要な資格、というものはありません。しかし、持っていると役立つ資格として社会保険労務士の資格が挙げられます。社会保険労務士の資格は国家資格、つまり国から保証されている資格です。社労士試験の学習をすることで、労働・社会保険・年金など人事業務に関する知識が身につきます。
 
未経験で人事の仕事を見つけるのは大変ですが、人事に役立つ資格を持っていると採用の際にアピールできます。
 
 

人事の仕事に就く方法

人事のお仕事に就くには、主に下記の2つがあります。
 
 

正社員の求人に応募する

未経験の場合、実務未経験でも応募可能な求人を探し、積極的に応募しましょう。正社員であれば、安定した環境で人事経験を積むことができます。しかし、転勤のリスクや、部署異動により希望していた人事から離れてしまう可能性もあります。現在就業中の方は部署異動をうまく活用し、「人事をやりたい」とアピールするのもひとつの手段です。
 
 

派遣社員として就業する

派遣社員として人事の仕事に就くことも可能です。正社員ではないので、安定性の面では不安があるかもしれませんが、どうしても人事として働きたい、未経験から人事にチャレンジしたい、人事としての経験を積みたい、という方にはおすすめの方法です。
 
派遣社員として人事の仕事を探している方は、下記から自身の希望条件に沿った人事のお仕事を検索することができます。
人事・総務事務のお仕事・求人一覧
 
 

まとめ

人事は、社員に関わる業務全般を担当し、会社組織の発展に貢献する職業です。コミュニケーション能力、情報収集能力やパソコンスキルを身に付けておくと採用の可能性が高くなります。
 
また、社内外の多様な人々と関わる機会が多いため、やりがいのある仕事です。未経験でも始められるので、ぜひ挑戦してみてください。
人事・総務事務のお仕事・求人一覧

関連記事