トップ | 派遣の働き方ガイド | 丸わかり職種一覧 | 損保事務の仕事とは?その魅力や必要な資格・スキルを紹介

損保事務の仕事とは?その魅力や必要な資格・スキルを紹介

損保事務

 
 
損保事務の仕事に興味はあっても、「具体的な仕事内容がよくわからない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。ここでは、損保事務の仕事内容、メリットだけでなく大変なことについても紹介します。


また「損保事務は未経験からでも始められるの?」「損保事務の仕事を始める上で役立つ資格や必要なスキルは?」といった疑問にもお答えします。損保事務に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。
 

損保事務のお仕事・求人一覧

 
 

損保事務とは?

損保事務と聞いても、どんな仕事をしているのか具体的に思い浮かばないという人もいるかもしれません。ここでは損保事務について、仕事の内容や1日の流れについて具体的に紹介します。
 
 

どのような仕事?

損保とは「損害保険」の略です。損害保険会社、またはその代理店で販売している保険商品に関する業務を事務的な面からサポートする仕事です。仕事内容は主に以下のようなものがあります。
業務内容は、損害保険会社と代理店では異なります。
 
・保険会社のお仕事内容
部署にもよりますが、見積書などの各種書類の作成、保険申込書や契約内容変更依頼書のチェック、営業社員のサポート、代理店の売上管理、事故受付や支払査定、アジャスター・鑑定人の手配、電話対応、庶務などの業務に携わります。
 
 
・代理店(乘り合い代理店、専属代理店)のお仕事内容
代理店は損保会社から委託を受け、損害保険商品について顧客に説明・案内・販売をおこないます。事務職であっても、お客様に直接保険を販売することもあるため、その場合は「損保募集人資格」という資格が必要になります。その他、保険の書類作成や計上、電話応対、来客対応、事故受付などの業務もあります。
 
 

一日の仕事の流れ(代理店)

損保事務として働く一日の一例を紹介します。
 

午前中

出社してすぐに営業担当者と朝一番の打ち合わせを行い、問い合わせなどの電話応対を随時行う。
メールをチェックし、急な対応が必要な案件がないか確認し、返信。
その後、部署のメンバー全員でミーティング。仕事状況や進捗状況を報告。
 

お昼休み

ランチへ出かけたり、同僚と会話を楽しんだりしてリフレッシュ。
 

午後

保険加入書類の確認や保険料の試算をしていたら、お客様から契約変更の相談のお電話があり保険内容を照会。新しい保険商品の提案をし、保険プランを作成。上司にチェックしてもらい、お客様にプランを送付。
そんなことをしていたら事故に遭われたお客様からもお問い合わせがあり、営業担当に連絡をして、保険会社へ連絡する準備を手伝いと、おおいそがし。
 

退勤まで

夕方になり、外回りから戻った営業に頼まれ見積書を作成、メール対応は退勤ぎりぎりまで続き、書類のファイリングもしっかりしてから退勤。
 
 

損保事務の仕事のやりがい

損保事務の仕事内容についてご紹介しました。それでは、損保事務の仕事のやりがいや魅力はどんなところにあるのでしょうか?詳しく紹介します。
 
 

知識も資格も得ることができる

専門用語や商品知識、事務のやり方など学ぶことが多く、最初は、勉強と仕事に追われる毎日になるでしょう。ですが、働きながら学び、保険の知識を深め、そして資格を取得することができる環境はスキルアップを実感します。
 

給与面・福利厚生が充実していることが多い

損保事務は、ほかの事務と比べて給与が高く福利厚生が充実している会社が多いことが特徴です。損害保険会社をはじめ、保険会社は総じて給与水準が高く安定している企業が多く、転職先としても人気があります。給与面から保険業界を目指す人も少なくありません。また、保険業界は年々成長していることから、将来性を感じる業界でもあります。
 
 

損保事務の仕事で大変なこと

どんなにやりがいがある仕事でも、大変なことは必ずあります。損保事務の仕事をするうえで大変な点について紹介します。
 
 

常に勉強し続ける必要がある

損害保険を扱うには、専門用語や次々と変化していく商品知識などを常に学んでいく必要があります。損保事務を始めるには、まず研修を受け、保険に関する専門用語や専門知識を学ばなくてはなりません。こうした勉強をおこたると、保険商品についてよく理解できず仕事に支障をきたしてしまいます。
 
また、保険商品は数年おきに見直しがあり、新しい商品に切り替わります。保険商品の特徴や違いについても常にアップデートしていく必要があります。
 
 

突発的に忙しくなる可能性がある

損害保険会社は部署にもよりますが、災害時などに突発的な対応を求められることがあります。災害直後は、多くの問い合わせが発生し、スピーディな対応が求められます。同じ部署の社員の外出が増え、その人たちのサポートやイレギュラーな業務が発生することもあります。
 
こうなると残業が続き、休みがとりにくいこともあります。お客様に寄り添い仕事を続けられるタフな精神力と体力が求められます。
 
 

クレーム対応が必要な場合がある

就業先や部署にもよりますが、顧客からのクレーム対応をしなければならない時もあります。損害保険会社に問い合わせをする人は、多くが事故や災害にあうなどの困難な状況に置かれ、強い不安を感じています。不安定なお客様の心に寄り添いながらも、どんな場合も感情的になることなく、冷静な対応をすることが求められます。
 
 

平均年収・時給

損害保険会社で働く人の平均年収や初任給、損保事務の平均時給を紹介します。
損害保険会社は、一般的に高収入と言われています。大手の保険会社では、40歳代で年収1000万円以上になることもあります。全国転勤のある総合職の場合、大卒・短大卒の初任給は237,860円と、他の業界や企業と比べても高い金額です。
 
平均時給は未経験が1,316円、経験者が1,440円とこちらもほかの業界に比べ高い水準となっています。
 
※参考
損害保険会社社員の仕事 キャリアガーデン
生保・損保事務【職種図鑑】 はたらこねっと
 
 

損保事務の仕事を始めるために

損保事務の仕事を始めるには、どんなスキルが必要なのでしょうか?損保事務の仕事を始めるときに役立つ資格やスキルについて紹介します。
 
 

資格はなくても大丈夫

 損保事務を始める上で、資格は特に必要ありません。役立つ資格に「損保一般試験」と「損害保険大学課程」があり、これらの資格を持っていると採用時に有利になる場合があります。しかし、入社後に会社の研修や指導をうけ受験をするのが一般的です。
 

損保一般試験

損保一般試験とは、保険募集にあたって保険商品に関する重要事項などを正確に説明できる知識を習得しているかどうか確認する試験です。
 
「基礎単位」のほか「商品単位」という自動車保険、火災保険、傷害疾病保険などそれぞれの分野に応じた単位があります。これに合格すると、保険商品を取り扱うことができます。
 

損害保険大学課程

 損保一般試験に合格した上で、さらに保険のスペシャリストを目指す資格です。「専門コース試験」と「コンサルティングコース」がありますが、事務職でこの資格を求められることはありません。取得すると損害保険のエキスパートとして認められます。
 
 

求められるスキル

さまざまな商品を扱う損害保険会社では、書類の作成はほぼすべてがパソコンで行われます。WordExcelなどのパソコンスキルをもっていれば、損保事務の仕事を始めたときもスムーズに仕事を始められるでしょう。
 
また、さまざまな事情を抱えた幅広い年代の人と関わるため、コミュニケーション力も必須です。担当者として信頼してもらうために、ビジネスマナーもしっかりと身に付けておくことをおすすめします。
 
 

未経験から始めるには

損保事務は、資格が必要な場合もありますが、未経験から始められる仕事も多くあります。未経験から始める場合は、入社後に研修や資格の取得など専門知識を習得する必要がありますが、損害保険会社の多くは手厚い教育プログラムを組んでいます。
 
損保事務以外の事務職の経験がある場合は、前職で培ったパソコンスキルやコミュニケーション力などを活かして働けます。
 
 

まとめ

損保事務は大変なこともありますが、やりがいや将来性からも人気の仕事です。損害保険に関する資格をもっていると有利ですが、未経験から始められる仕事もあります。マンパワーでは、未経験でも働ける損保事務の求人を多く掲載しているので、興味があれば気軽にお申込みください。
 
損保事務のお仕事・求人一覧

関連記事