トップ | 派遣の働き方ガイド | 丸わかり職種一覧 | 医療事務とは?仕事内容からやりがい・大変さ・なり方まで解説

医療事務とは?仕事内容からやりがい・大変さ・なり方まで解説

医療事務

 
 
いつの時代も人気が高い職種が医療事務です。病院という安定した職場で働けるイメージがありますが、「医療の事務とは何をするの?」「資格をとる必要があるの?」という疑問をおちの方もいるのではないでしょうか。
 
この記事では、医療事務の仕事内容、メリット・デメリット、必要なスキルなどについて解説します。これから医療事務の仕事をしたいと考える方や興味のある方は、今後のキャリアの参考に、ぜひ一読してください。
 
 

医療事務は3つの業務に分けられる

医療事務の仕事は、「受付」「レセプト」「クラーク」の3業務に大別できます。それぞれの業務を順に解説します。
 
 

受付業務

受付業務とは、来院した患者さんと直接やりとりをする「病院の窓口」「顔」ともなる重要な業務です。受付業務の内容は以下のようなものがあります。
 

診察券の発行と保険証の確認

初めて受診された患者さんに診察券の発行を行います。保険証は、初診再診どちらの場合も月初めの受診時に必ず提示してもらい、保険者番号や期限などの確認を行います。
 

カルテの作成

初めて受診された場合カルテも作成します。病名などの診療情報は医師が記入しますが、保険証情報・住所・氏名などの基本情報をカルテに記載するのは医療事務の仕事です。
 

医療費の計算

医療費は診療内容に応じて点数が決まっています。保険制度に従い診療内容の点数を計算し、医療費を算出します。加入している保険の種類によって負担額は異なり、3割負担や1割負担といった負担割合をもとに、患者さんへの請求額を計算します。
 

会計

診療が終わった患者さんから診療費を支払ってもらいます。会計対応のほか、薬局の案内や次回来院の予約対応なども行います。
 
 

レセプト業務

医療事務といえばまず思い浮かぶのが、レセプト業務です。専門知識が必要とされる重要な仕事です。
 

レセプト(診療報酬明細書)作成・点検

レセプトとは「診療報酬明細書」のことです。レセプトはカルテに記載された診療情報から、医療保険制度に基づき診療報酬点数を計算して作成します。レセプトは診療行為にしたがって過不足なく正確に作成する必要があります。また、作成されたレセプトが正しく記載されているか点検し、間違いがあれば訂正します。
 

診療報酬の請求

患者さんが支払う医療費は診療費用の一部負担です。残りの医療費は、保険機関から支払われます。国民健康保険団体連合会または社会保険診療報酬支払基金にレセプトを提出し、診療報酬の請求手続きを行うことで、患者さんが支払わなかった分の医療費を受け取れます。
 
 

クラーク業務

少し大きな病院での仕事です。病院全体の診察がスムーズに行えるように、医師・看護師などとの連携をサポートする業務です。
 

医師・看護師の仕事をサポート

サポートする内容は、カルテの整理・入退院にともなう書類手続き・病室の手配・食事管理などです。配属される場所により仕事内容は異なりますが、基本は患者さんと医師・看護師の連携をスムーズにする業務です。
 

診察室・検査室への案内

患者さんに対しては、診察室や検査室への案内などを行います。この他、窓口対応や電話対応、次回来院の予約手続き、入院患者に対して入退院手続きの説明といった業務もあります。
 
 

医療事務の仕事にあると便利な資格・スキルとは?

医療事務の業務内容をひととおり説明しました。医療事務に必要な資格・スキルとは、どのようなものでしょうか?詳しく解説していきます。
 
 

医療事務に関連する資格

多くの団体が医療事務の資格を実施していますが、すべて民間資格です。
資格数だけでも数十種類ありますが、そのうちの2つを紹介します。
 

医療事務管理士

医療事務管理士は技能認定振興協会が実施する試験です。治療費計算や診療報酬明細書の作成から診療報酬や医療保険制度の理解まで、医療事務のスキルが備わっているか証明できる資格です。会場試験とインターネット試験が選べ、実技の中にレセプト点検があるところが大きな特徴です。
 

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)

医療事務技能審査試験は日本医療教育財団が実施する試験で、40年の実績があり、医療事務関連でもっとも規模の大きな試験です。受付業務や患者応対のコミュニケーションを問う実技試験がある点が大きな特徴です。
 
 

コミュニケーション力

病院の顔となる受付業務には、コミュニケーション力が必要です。来院した患者さんが不安にならないよう配慮し、幅広い年齢層の患者さんに合わせた柔軟な対応が求められます。怪我や病気で来院された患者さんの気持ちに寄り添い、接することが重要です。
 

業務は正確さと几帳面さとスピード感が必要

業務では、スピードと正確さ、そして几帳面さが求められます。レセプトはコンピューターで作成されるようになってきましたが、完璧ではありません。診療報酬を請求するレセプトが間違っていた場合、審査が通らずレセプトが戻されてしまいます。レセプトが通らないと病院に診療報酬が入ってきませんので、事務業務が滞ってしまいます。
 
細かいことに気づく几帳面さや正確性はもちろんのこと、レセプト業務専任でない場合は、ほかの業務と並行して行うこともありますので時間をかけすぎないようなスピード感も必要です。
 
 

医療事務の平均月収・時給は

医療事務の平均月収・時給はどれくらいなのでしょうか?社員の場合、平均月収は20万円弱~20万円程度、アルバイトやパートの場合、時給800円~1,200円程度が相場です。
金額に幅があるのは、それぞれの医療機関の規模や地域によって平均値が変わってくるためです。
 
ボーナスや各種手当てが出るなど病院によっても金額は変わります。スキルや勤務条件によっては時給1,500円以上もめずらしくはありません。
 
参考:
医療事務とは - 医療事務の仕事内容、給料事情、メリット、やりがいまで徹底解説 マイナビキャリレーション
医療事務の平均時給 タウンワーク
 
 

医療事務という仕事のやりがい

医療事務という仕事のやりがいとはどんなものでしょうか?やりがいやメリットを紹介します。
 
 

患者さんに感謝される

医療事務は単なるデスクワークではなく、患者さんと直接応対する窓口の役割でもあります。このため、患者さんから感謝の言葉をもらうことや、元気になって帰っていく姿を見られる点は、ほかの事務職では味わうことのない喜びです。人の役に立つ仕事をしていても、なかなか直接言葉をかけられる機会は少ないものです。感謝される、喜びを感じられるなどの点においては、大きなやりがいのひとつです。
 
 

医療への関心、理解が高まる

医療事務として働くと、医療への理解・薬・保険・医療費などに関する関心や知識もが深くなります。現場で得た知識は、仕事を離れた日常生活でも役立つ場面は多く、病気になった際も必要以上にあわてずにすむなどメリットも多いです。自分が支払う際も、明細をみて金額の内訳を把握できるようになります。
 
 

結婚・出産などのライフイベントの後でも働きやすい

医療事務は全国どこでも求人があり、派遣やパートなど雇用形態も多様という特徴があります。このため、結婚や出産などで働く環境や状況が変わっても、経験があれば働きやすいという点が大きなメリットです。勤務先や勤務時間の調整がしやすく、自分のライフスタイルにあわせた働き方ができる自由度の高い職種です。
 
 

医療事務という仕事の大変さ

医療事務という仕事の大変さとはどんなものなのかを次に紹介しましょう。
 
 

患者さんのクレームに対応しなければならない

医療事務は窓口業務も行うため、時には患者さんのクレームに対応しなければならないことがあります。医師・看護師・診療内容に対する苦情が、話しかけやすい窓口の医療事務へ向いてしまい、対応に苦労することもあります。
 
 

医療費の計算を間違わないように気を遣う

医療費計算やレセプト業務など、お金に関わる業務が多く計算を間違わないように気を遣う必要があります。ミスをしないよう的確に、かつ迅速に仕事を進めねばなりません。細かな点にも気をつかう緻密さや集中力が求められます。
 
 

覚えることが多い

カルテ作成・レセプト業務・クラーク業務・入退院窓口など、医療事務の仕事は幅広く、覚えることが多いです。通常業務は慣れてくることで大変さは緩和されますが、医療制度の変更などで専門知識を学びなおす必要があります。
 
 

未経験でも医療事務として働くには?

医療事務は、いつの時代も安定した職場として女性に人気のある仕事です。資格や経験があると有利なことが多いですが、未経験でも働けます。マンパワーグループでは、未経験の方でも安心な医療事務のお仕事をたくさん紹介しています。
 
少しでも医療事務に興味があれば、ぜひ気軽にお申込ください。
医療事務のお仕事・求人一覧

関連記事