トップ | 派遣の働き方ガイド | 丸わかり職種一覧 | CAD・建築・機械・回路設計とは?業務内容・年収・スキル・仕事に就く方法を解説

CAD・建築・機械・回路設計とは?業務内容・年収・スキル・仕事に就く方法を解説

cad

 
 

CADを使用したお仕事としてCADオペレーターがありますが、どのような仕事なのかよくわからないという方も少なくないと思います。CADオペレーターは、設計者が考えた建築・機械・回路設計などの設計図を、CADを使用して正確な図面に仕上げる仕事をしています。
本記事では、CADオペレーターの具体的な業務内容・年収・必要なスキル・仕事に就く方法について詳しく説明しています。仕事内容を理解して、お仕事さがしの参考にしてください。 

 
 

CAD・建築・機械・回路設計とは

建築、機械、回路などの分野で設計図を描くときに、CADというソフトウェアが使用されています。このソフトウェアに寸法や形状など、それぞれの分野の設計に必要なデータを入力し、設計図にしていきます。このように、CADを使用し設計図を作成しているのがCADオペレーターです。
建築物・機械・電気などのモノづくりには、まず、その基礎となる設計が必要です。設計とは、デザインしたものを具体的な建築物・製造物にするために、形や構造などを決定し、図面に描いていく仕事です。
 
たとえば、建築の設計の場合、建物などのイメージしたデザインを具体的な構造にしていきます。建築物の構造を考えるときには、形状・寸法・材質などを決定し、そうしたデータを図面に描いていきます。
 
工場で使う機械や自動車・航空機などをつくる時にも、その基礎となる設計図が必要です。どのような構造にするか、どのような形状にするか、どんな装置が必要かなどを決定し、具体的な構造にするための設計図を描きます。カメラやコンピューターなどの電化製品をつくるときにも、回路の設計が必要です。
 
 

建築・機械・回路設計業界におけるCADオペレーターの業務内容

ここでは、建築・機械・電子回路業界におけるCADオペレーターの業務内容について説明します。 
 
 

 建設業界(建築・土木)

建設業界におけるCADオペレーターの具体的な業務は、設計士や建築士の指示にしたがって設計図を描くことです。設計の知識がある人は、図面の修正を指示される場合もあります。また、測量図や建築平面図のデータを加工して設計用に作成する業務や、構造図から鉄骨施工図や配筋図を作図する業務もあります。
 
建設業界では、CAD操作ができる設計士もたくさんいます。そのため、CADで製図するだけでなく、設計や製図に関する知識があったり、設計の実務経験があったりすると、さらに業務の幅が広がります。
 
 

機械業界

機械業界のCAD設計は、大型機械、航空機、自動車、小さな部品などさまざまなものをつくるために必要です。設計開発業務では、形状、メカニズム、部品などを担当し、摩擦、動作、耐久性など、いろいろと考慮しながら製品をつくっていきます。
 
設計は、形をつくる構造設計、機械の外装部分を設計する筐体設計、開閉がスムースにできるようにする機構設計などさまざまで、担当するものによって必要な知識も変わってきます。また、平面図から3Dモデルの作成、シミュレーションや解析などの業務もあります。
 
 

電気業界

回路設計は、デジタル家電から携帯端末やネットワーク機器など、電力で動くものは電気回路で制御されているため、幅広く求められています。そして、この回路設計にもCADが使われています。
 
回路設計といっても、アナログ回路設計/デジタル回路設計、LSI設計のほか、PLC制御を専門とした制御設計などさまざまです。そのため、それぞれの用途に合ったCADを使って設計します。また、機械設計と同じように、シミュレーションや解析業務などもあります。
 
 

CADオペレーターの年収

年収は、実務経験やスキルよってことなります。同じCADを使った業務でも、建築、機械、回路設計の各分野に関する専門知識があり、設計までできる「CAD設計士」と、CADの操作に特化した「CADオペレーター」では、収入も変わってきます。
 
最近では、単にCADが操作できるCADオペレーターより、設計とCAD操作の両方ができるCAD設計士を求める企業が増えてきています。特に建築業界では、設計もできるCAD設計士の需要があります。
 
建築・機械・回路設計の年収には、業界による差はみられません。CADオペレーターの平均年収は300万~400万円程度※です。CADオペレーターの収入は実務経験やスキルを重視して決定されるため、経験豊富で高いスキルがあれば、年収500万円以上※稼げることもあります。
 
また、派遣社員の場合、地域によって時給は異なりますが、CADオペレーターの平均時給は1,500円~1,600円ほど※です。
 
※参考: CAD JOB 「CADオペレーターの平均年収や年収アップの方法とは?」
 
 

CADオペレーターに求められるスキル

実際どのようなスキルが求められるのでしょうか?詳しく業種ごとにみていきましょう。
 
 

どの分野でも必要なスキル

設計士やデザイナー、現場の人など、いろんな人と協力しながら業務を進めていくため、コミュニケーション能力が必要になります。
 
 

建築業界で求められるスキル

設計者の指示に従う業務であれば専門的な知識は求められません。しかし、図面の修正などでは、製図および設計の知識が重要になります。
 
設計士として設計を行いたい場合には、建築学や建築法などの専門知識が必要になります。安全面や環境面に関する配慮なども必要でしょう。設計士には特に資格はいりませんが、建築士になるためには国家資格が必要です。
 
 

機械業界で求められるスキル

機械業界でCADを使う場合、「CAM」や「CAE」などの製品製造用ソフトウェアと連携して使います。そのため、CAD知識だけでなく、CAMやCAEについての知識も必要になります。
 
また、機械業界では、高度なCADを使用するところもありますので、CAD利用技術者試験の資格などを持っているのもいいでしょう。設計も行いたい場合は、製図法や機械工学の知識が必要です。その他、力学や制御工学などの広い知識が求められます。
 
 

電気業界

家電業界でも、「CAM」や「CAE」などの知識はあった方がいいでしょう。また、回路を設計したい場合には、電子回路や電子機器に関する知識が必要です。実際に組み立てていく場合には、半田付けなどの技術も重要です。
 
 

CADオペレーターに向いている人

どのような人が向いているのか詳しくみていきましょう。
 
 

地道かつ正確な作業ができる人

CADを使った業務は、設計に携わる業務であるため、正確で丁寧な仕事が求められます。また、コンピューターを使ったコツコツとした作業が続くので、集中力や忍耐力も必要です。
 
 

モノをつくることが好きな人

設計はモノの基礎をつくる仕事なので、モノづくりが好きな人に向いています。モノづくりが好きな人であれば、アイデアが浮かんだり、自分の設計したものが形になることにやりがいをもてたりと、楽しみながら仕事ができるでしょう。
 
 

数学ができる人

平面構造や立体構造の理解が求められます。これは、CADを使って立体図を平面図にしたり、平面図から3Dモデルをつくったりするためです。あわせてシミュレーション業務や解析業務を行うこともありますので、数学ができる人、数字に苦手意識がない人に向いています。
 
 

コミュニケーションスキルのある人

設計士やデザイナーの意図を理解しながらすすめていく業務なので、高いコミュニケーションスキルが必要です。さまざまな人との共同作業が発生するので、円滑なコミュニケーションが大切です。
 
 

CADオペレーターになるには

専門的な知識やスキルが必要な仕事なので、「未経験者が就職するには、ハードルが高いのでは?」と心配になるかもしれません。そんな未経験の方でも、仕事に就ける方法について説明します。
 
 

アルバイトからスタートする

実務経験が求められる業界なので、未経験の場合はアルバイトから少しずつ実績や知識を積むといいでしょう。アルバイトであれば、アシスタントからスタートできます。業務も教えてもらいながら、資格や専門知識の勉強をすれば、本採用につながるかもしれません。
 
CADオペレーターは資格が必要なわけではありませんが、知識やスキルを取得する目的で、アルバイトをしながら「CAD利用技術者基礎試験」や「3次元CAD利用技術者試験」といった資格を取得するのもいいでしょう。
 
 

派遣社員からスタートする

派遣社員からスタートするのもひとつの方法です。派遣であれば、派遣会社から、未経験でも応募可能な仕事を紹介してもらえます。まずは、就業先で社員の指示に従い、簡単な業務からスタートするといいでしょう。
 
また、派遣社員であれば自分のスキルや経験に合った業務を担当できるので、少しずつ業務の幅を広げて、スキルアップしていくことも可能です。派遣で実務経験を積んでから、正社員になるという方法もあります。紹介を待つだけでなく、希望条件に合うお仕事を自分で探すこともできますので、下記からぜひご覧ください。
CAD・建築・機械・回路設計の派遣のお仕事に興味のあるかたはこちら
 
 

まとめ

CADオペレーターの仕事は専門性が求められ、仕事をしながらも勉強していく必要があります。実際の現場でも、実務経験を積み、必要なスキルを身につけるには時間がかかります。しかし、時間をかけて経験を積めば積むほど、周囲からの評価があがることも確かです。興味のある方はぜひ挑戦してみてください。
CAD・建築・機械・回路設計の派遣のお仕事に興味のあるかたはこちら

関連記事