トップ | 派遣の働き方ガイド | 派遣のお仕事Q&A | 派遣と受託業務(請負)の違いとは?

派遣と受託業務(請負)の違い、メリット・デメリット

派遣と受託業務(請負)の違いとは?

派遣会社の求人には「派遣」とは別に、「受託業務(請負)」で募集しているものがあるのをご存知ですか?自分の条件に合った仕事募集が「受託業務(請負)」となっているけど…これって「派遣」と何が違うの?など、応募にあたり戸惑ったりすることがないよう、ここでは「派遣」と「受託業務(請負)」の違いやメリットなどについて説明していきます。しっかり理解したうえであなたに合ったお仕事を見つけましょう。


派遣会社が募集する「受託業務(請負)」とは、派遣会社が発注会社(企業)から発注を受けた(受託した)プロジェクトや業務などを、派遣会社の従業員として就業する働き方のことをいいます。 
派遣会社と雇用関係にあることは、派遣も受託業務(請負)も変わりませんが、業務指示、勤務時間、時間外勤務の管理などの「指揮命令関係」が異なります。

派遣の場合は「指揮命令関係」は派遣先企業から受けますが、受託業務(請負)の場合は雇用元である派遣会社から受けます。


派遣と受託業務(請負)の違いについて説明します。

指揮命令関係

「受託業務(請負)とは?」でお伝えしたとおり、業務指示、勤務時間、時間外勤務の管理などの「指揮命令関係」が、派遣と受託業務(請負)で異なります。 
指揮命令関係にない発注会社は、受託業務(請負)で就業する方へ直接業務指示を出したり、時間外労働を求めたりすることはできません。

指揮命令関係の違いを図にすると以下のようになります。

労働者派遣法の適用

受託業務(請負)は派遣と違い、労働者派遣法が適用されませんので、派遣期間の制限(例外を除き3年間を限度)などの影響を受けません。 
発注会社も派遣先企業に該当しませんので、労働者派遣法で定めるところの義務はなく、受託業務(請負)の就業場所の安全衛生などの管理もすべて派遣会社が負うことになります。

一緒に働く人たち

受託業務(請負)の場合は、受託した業務を派遣会社の従業員のみで完了させる必要があるため、発注会社の社員と一緒に業務を行うことはありません。 
派遣と違い、発注会社の社員のスキルを隣の席で学ぶことなどはできませんが、派遣会社がノウハウ含め必要な教育を実施しますので、受託業務(請負)であってもスキルアップ面で派遣との違いはないといえるでしょう。

受託業務(請負)で一緒に働く上司含めメンバーは、すべて同じ派遣会社の従業員ですので、派遣よりもメンバーの仲間意識が高いことが多いです。

業務を行うにあたって

派遣先企業からの業務指示にもとづき業務を行う派遣と違い、受託業務(請負)の場合は雇用元である派遣会社からの指示にもとづきますので、業務フローの改善などを自ら提案する機会は派遣よりも多いでしょう。

ただし、職場でトラブルや困ったことが起きた場合も、発注会社が間に入ることはないので、すべて派遣会社が直接対応することになります。トラブルなどの内容によっては、受託業務(請負)で就業している従業員のみで対応方法を考えることもありますが、個人で責任を負うようなことはなく、不安に思うことはありません。また、トラブル対応の経験はスキルアップにもつながるでしょう。


メリット

受託業務(請負)のメリットはいくつかあります。

期間制限がない

受託業務(請負)は労働者派遣法の期間制限を受けませんので、期間を気にせず働くことができます。

直接交渉が可能

自分の雇用元である派遣会社から指揮命令関係を受けますので、業務内容や待遇面などについて直接交渉することができます。

職場の仲間との一体感

一緒に働くメンバーはすべて同じ派遣会社の従業員ですので、発注会社の社員や外部の第三者などといった区別がなく、人間関係が構築しやすいことから、職場仲間との一体感を高めることができます。

デメリット

受託業務(請負)のデメリットは、発注会社の人からの業務指示を受けないかわりに、先に述べたように「受託した業務を派遣会社の従業員のみで完了させる必要がある」ことから、発注会社の社員等へフォローやバックアップを求めることが基本的にできないことです。 
でも不安に感じることはありません。派遣会社は自社で完了できる範囲の業務と判断して受託しており、困ったときのフォローなど含めノウハウを持っていますので、個人に責任がかかることはありません。


派遣と受託業務(請負)は、契約形態が違う働き方であり、仕事の内容にほとんど影響しないといえます。 
契約形態が「受託業務(請負)だから…」と迷ったり見送ったりせずに、まずは業務内容が自分のやりたい仕事かどうかをメインに検討することをオススメします!

関連記事