トップ | 派遣の働き方ガイド | 派遣の基本知識 | 【単発 派遣】働き方やメリット

単発のお仕事は派遣がオススメ

派遣単発,1日

自分のライフスタイルに合わせて働けることが派遣のメリット!
派遣にもアルバイトと同じように、1日だけ、3日間だけなど、あなたのスケジュールの空いた日にスポットで働ける「単発派遣」があります。
単発で働くなら派遣がオススメ。その理由とメリットについてここで紹介します。


単発派遣とは1日~数日で終了する、スポット的に働くスタイルのことをいいます。

ライフスタイルに合わせた働き方としては、週3日勤務や1日6時間勤務など、毎月決まった曜日または、毎日短時間だけ働くパートタイム型派遣もありますが、自分の「空き時間」に1日のみ、または数日間だけ働く単発派遣は、パートタイム型派遣よりも個人の時間をさらに優先できる働き方です。


単発派遣のお仕事にはどんなものがあるのか、以下にいくつか例を紹介します。

職種 業務内容
試験監督 国家資格や入試会場の座席の整備、試験問題の配布、回収、注意事項の読み上げ、受験票と本人の照合
イベントスタッフ コンサート、ライブ会場の入場受付、整理、入場者の誘導
選挙事務 投票所の準備、入場整理、開票、集計作業
住宅展示場スタッフ モデルハウスやモデルルームの受付、案内、アンケート回収
データ入力 官公庁や金融機関の事務センター内で顧客情報の入力業務
封入作業 キャンペーン商品のチラシやサンプル品の封入作業


単発派遣のメリットはたくさんありますので、それぞれくわしく説明していきます。

メリット1

働く日を自由に選べる

やっぱり一番のメリットといえば、自分の好きなときに働けることです。
家事や育児の合間に1日だけ働く、転職活動の合間に働く、旅行・趣味のための臨時収入として働く、フリーランスなど本業のスケジュールの空いた日に副業として働くなど、あなたの「空いた時間」を有効に活用することができます。

メリット2

時給が高い

単発派遣は、イベント開催時のみや、シーズン的な繁忙期の増員と、企業にとっても「臨時」で人手が必要なことから、同じ職種であっても普通の派遣より時給が高い傾向にあります。
また、「決まった日」に「確実に」人材を確保できることから、企業が直接募集・採用する単発のアルバイトやパートタイマーよりも、単発派遣の方がさらに高い時給を設定していることも多く、単発でのお仕事を探すなら、派遣の方がオススメです。

メリット3

気軽に働ける

単発派遣のお仕事は、1日から数日間働いたら終わる作業ですので、経験やスキルを必要としない定型業務が多く、未経験でも気軽に働けます。

さらに派遣なら履歴書も面接も不要ですので、派遣会社に登録さえしておけば、派遣会社があなたにかわってお仕事を探してくれます。あなたは何も準備することなく、自分の好きなタイミングで単発派遣のお仕事を見つけることができます。募集しているお仕事の内容なども事前に派遣会社に説明してもらえるので、派遣会社のフォロー体制をどんどん利用しましょう。

メリット4

いろいろな仕事が体験できる

メリット3でお話したとおり普通の派遣よりも気軽に働けることから、いろいろな職種・業界のお仕事にチャレンジできます。

興味のあるお仕事だけど、いきなり長期で働くのは不安…といった場合は、まず単発派遣で経験してみるのもアリです!もし「やっぱり自分には合わない」と思ったとしても、1日~数日間頑張ればお仕事は終了しますし、実際に働いてみて自分の適性がわかったことがメリットとなるでしょう。
いろいろなお仕事が経験できるだけではなく、いろいろな人と出会えるのも、ひとつの会社で働き続けた場合とは違う、単発派遣の魅力ですね。

メリット5

一般公募されない人気のお仕事が見つかる!

単発派遣は、派遣会社のWEBサイトや求人情報サイトなどで一般公募していないお仕事が実はたくさんあります!
一般公募しない理由は、すでにご説明してきたとおり、高時給などメリットがたくさんあることから、単発派遣のお仕事はとても人気が高く、一般公募すると応募者が殺到して採用選考にとても時間がかかってしまうからです。

単発派遣のお仕事を見つけるコツは、派遣会社から直接紹介するケースが多いことから、お仕事を探すよりも先にまずは派遣会社に登録しましょう!あとはあなたが希望する条件やお仕事などを指定するだけで、派遣会社が一般公募していないあなたにぴったりのお仕事を紹介してくれます。これも派遣をオススメする理由のひとつです!

あなたの希望に合った単発派遣のお仕事をご紹介します!もちろん長期もあります!

すぐにお仕事を見つけたい方は登録会へお越しください

開催中の登録会を見る


単発派遣は定型業務が多く未経験でも気軽に働けること、1日単位の短期間で終了する業務であることから、中長期的なキャリアを積むチャンスは少ないといえます。
また、職場の人と一緒に働く期間も短いので、業務が終了してもずっと仲良くなるような人間関係は築きにくいかもしれません。

単発派遣で働ける人には条件がある

単発派遣で働ける人には条件があります。あなたが単発派遣で働けるかどうかは、派遣会社に確認しておきましょう。

単発派遣で働ける方

  • 60際以上

  • 昼間学生(雇用保険法の適用を受けない学生)

  • 副業として従事する人(本業年収が500万円以上)

  • 主たる生計者でない人かつ世帯年収が500万円以上

※2012年10月1日施行の労働者派遣法改正法により、雇用期間が30日以内の日雇派遣は原則禁止になり、上記に該当する方のみ派遣が認められています。

誰でも単発派遣OKな業務もある

上記に該当しなくても、以下の業務であれば単発派遣で働くことができます。募集しているお仕事の内容については派遣会社に確認しましょう。

  • ソフトウェア開発 

  • 事務用機器操作

  • 秘書

  • 調査

  • 取引文書作成

  • 添乗

  • 研究開発

  • 書籍等の制作・編集

  • OAインストラクション

  • 機械設計

  • 通訳、翻訳、速記

  • ファイリング

  • 財務処理

  • デモンストレーション

  • 受付・案内

  • 事業の実施体制の企画、立案

  • 広告デザイン

  • セールスエンジニアの営業、金融商品の営業


単発派遣は、スケジュールの空いた日など自分の都合がいい日だけ働くという、ライフスタイルを最大限に優先することができる働き方です。
単発派遣で働ける人には条件がありますが、業務によっては働ける人の条件がなくなりますので、この「働ける人の条件」は大きなデメリットにはならないでしょう。
単発派遣でしか経験できない職種もありますので、空き時間を有効に使いたいと思ったら単発派遣という働き方がオススメです。


関連記事